島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
今日のホニャララ
 久しぶりに腰の調子を見てもらう。苦笑いされる。ギニャー。

■エアガンメーカーが家宅捜索:続報
 ASGK(エアソフトガン協会)のリリース。
http://www.asgk.jp/release/tanaka.html
 なるほど、ガス封入した薬莢の雷管を叩いて発射する形式のため、特殊な実銃弾を入手した場合は撃てる、ということか。
 ただし、ハンマーが雷管を叩くパワーは弱くしてあるし、チェンバー付近は脆くしてあるので、普通の実銃弾では発射は不可能と。(なので強度を上げて、雷管をセンシティブにした弾丸が必要)
 警察がこれで動くのは理解できる。そういう仕事だもん。
 モデルガン業界って、とにかく、いかに安全で(凶器にならない)それでいて、実銃に近しい動作をするトイガンを作るか、ってトコに集中して何十年もやってるところだからなー。
 46年規制(1971)と呼ばれる「金属製モデルガンはすべて銃身を埋めて、金か白で塗って、玩具である事をしめす王冠を刻印しろ」や52年規制(1977)「バレルの取替え不可」みたいな規制があって、反対運動もあったけど、それらにはちゃんと沿っていて、その辺に気を使ってやってきた業界という印象がある。
 
 今回のは、確かに、ちょっとタナカが行き過ぎた印象はある。(作動方式を実銃に似せすぎた。)
 しかし、これで実弾を撃とうと思ったら相当キツイ。(おそらく適当なモデルガン(作動にガス圧を利用しないもの)買って来て、パーツの一部を金属に置き換えたほうが早い。実際改造銃を作る際もっとも大変なのは、バレルとチェンバーなんで。)
 という事で、わざわざ犯罪利用に向いたものを作ろうとしたわけでは無さそう、という理解をしてあげたいなーと思う。
 ちなみに警視庁の文面。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/seian/kenjyuha/modelgun.htm

■すばらしい景気刺激策を考える。
 消費税を3ヶ月ぐらい0%にすれば良いと思うよ。駆け込み需要含めて超景気刺激になる。
 扱いとしては、その期間に切られた領収書のうち消費税分を年末調整で還付する。
 選挙対策にやって見ちゃどーかしらん>麻生太郎。
 本来なら、消費税増税のタイミングで導入するとなおさら効果的だと思う。消費税高いけど、これ年末に帰ってくるんだよなー。的な。
 もちろん、施策をやめた時点で、景気がゴツンと冷え込むけど、それは消費税増税の時だって冷え込むから一緒だ。むしろソフトランディング。

2008/11/11(火) 00:32:28| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.