島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
1/72 VF-25 メサイア アルト機 感想
バンダイ マクロスF(フロンティア) 1/72 VF-25F メサイアバルキリー アルト機
 ある程度のデカールはって力尽きたトコ。
 接着剤不要のパチ組可能キット。実際使ってない。

 パーツがえらく多いけど、非常に良く出来てる。
 これの前に作ったのが前時代的なパーツ構成のアオシマガーランドだったのでなおさら感動。
 ガチャガチャ変形させる前提で購入したので、色ハゲないように部分塗装とデカールの上は厚めにトップコート。(写真は全部貼る前)(全塗装したらハゲまくりそうなので)

 部分塗装は、一部デーカールを貼るのが面倒くさいところ(アンテナとか、翼端とか)のみ。
使った塗料はタミヤアクリルの黒(キャノピー枠)、赤、白(デカール面倒なトコ)、グレー(アンテナ)、クリアブルー(カメラアイ。本当は緑だけど青が手元にあったのでこれでいいやと)
 スミ入れはガンダムマーカーのグレー。
 エアブラシ出すの面倒だったので、筆塗り。筆洗いが面倒なので、水性塗料。どーにかなるもんだ。

 基本的には満足なんだけど、バルキリーという素材ゆえか不満もびみょーに。

【満足ポイント】
・変形するバルキリーの模型では現時点最高峰。
・VF-25の無茶する肩、腰付近の変形構造がわかった。
・スライド金型をバンバンつかっててランナー見てるだけで、熱くなれる。
・スナップフィット(接着剤不要)なので、致命的なミスが発生しにくく、誰でも作れる。

【不満ポイント】
1.パーツ多すぎ。そのわりには接合線隠しきれないし、モールド流れてる。
2.完全変形ではない。(着陸脚の取り外しは100歩ゆずって、手首取り替え必須、シールドに余剰パーツが発生、の2点はどうかと思う。)
3.マーキングが多い機体ゆえに、どうしてもデカール(もしくはシール)に頼らざるを得ない。ガチャガチャ遊ぶのに不向き。(つーかさっそくハゲた。)
4.変形がカチっと決らない。(とくに首付近がギシギシ言う感じ。怖ぇぇ。ちょと削ろう)

 これはあれだなー。この不満は贅沢だな。1/100 ゼータがあまりに見事な変形したもんだから、アレを期待しちゃったんだなー。ガンダム系はマーキング大したこと無いし、四角いからバルキリーと比較するのは酷だよな。

一応、取替え必須の手首はレザーソーで切り分けちゃえばどうにかなりそうだけど、シールドの余剰パーツは真面目に改造しないとイカン。

 最近変形玩具つーとトランスフォーマーばっかり弄ってたからなー。あのヘンは異常なまでに出来が良いから、目が肥えすぎてる。(強度とカッチリ決る感じ、クリック感)

 amazonで買って高い割引率だったから、大きい不満無いけど、バンダイはやれば出来る子なので是非ガーンとやって欲しかった。超合金と競合しないようにワザとかと思っちゃうよ。(がー!今飛び先見たら、超合金のほうはシールド裏フツーに接続だよ。やりゃーできるんだよ。つーかパーツだってこっちのが少ねぇ。)
 しかし、超合金の方もヤマトみたいなセンシティブなつくりだったらどうしよう。
 昔のバンダイのファイヤーバルキリー(参考:おもちゃぐらさん)みたいなガシガシ弄れるのがほしーんだよ!

 もともと、模型は非稼動(固定派)塗装派だった自分が、ここまで模型に玩具を求めているのも、オレも変わったなーと思った。歳くったら細かい作業が面倒だからかなぁ?

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.