島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
ゲームが売れない:ユーザーの声は~
 tablogさんと大名古屋帝国DSさんのエントリーに関して。
 特に賛論、反論ではなく、きっかけとさせてもらって、勝手に思っている事を書いておこうと思います。
「ゲームユーザーの声は届いているか?」
 届いているかと聞かれれば滅茶苦茶届いていますが、ゲームの売り上げを左右するマスじゃないんですよね。声を上げるユーザーって。アンケ葉書は買ってくれた人のものだからその要望にこたえても売り上げは増えないって真理もあるし、ネットの声は偏りすぎ。
 ゲーム屋が市場として見ている内で声を上げる人は少数派なんですよ。

「ゲームがどうして売れなくなったのか。」
1.飽きた、面倒くさい。
2.他の趣味に金を食われた。(ネット、携帯)
3.そもそも子供が減った。(少子化)
4.複雑高度化したためユーザーと剥離した。
5.需要と供給の問題。あと不景気。
6.システムの問題。
 この辺はでも書いちゃったんで、重複しないようにあっさり書くとこんな感じだと思ってる。
 なので売れないと嘆く気は無くて、バブルが終わったと認識している。

「その他」
 ゲーム業界が右肩上がりの時はコストをかけて沢山売れればよかったんだけど今は違う。売れる量は大体固定だから。

 ユーザーは1円でも安く、コストのかかったゲームが遊びたいし、ゲーム屋は1円でも高く、低コストのゲームを売りたい状態。
 互いの欲求は真逆を向いている。

 さてどうしましょう。ここら辺から先がゲーム屋の舵取りが重要な所でしょうね。そしてゲームファンにとってもチャンスでしょ。
 予断を許さないからこそ面白い。

2005/04/03(日) 15:23:14| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.