島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
腹減った人の日記
 学生時代の同窓会というか飲み会があったんだけど、自分は用事があって行けなくて大変残念。
 というか、遠いよ!

 腹が減ったので、仕事を続けるか、買い物に行くか悩む。「もうどうにでもなぁれ」な感じ。

 昔と比べて集中力が落ちた。仕様書書きなんてぶっ続けで5時間ぐらいできたもんだけど、今は30分で一息つけようという気になる。
 たぶんこれが老化で、こうなっていくから管理職を目指さないといけないんだろうな。というか管理職は目指す前になっちゃったけど、管理してるだけじゃないからなー。
 仕事としてキモの場所はまだ人に任せるの怖いし困ったもんだ。
 でも昔より、何をすべきかがわかってるので、無駄弾を撃ってる感じは減った。

 とあるマンガで人に質問をしておいて、その話は聞かないというウザイキャラ演出があったんだけど、どうにもゴーショーグンのOPを思い出してしまった。(赤いボタンを知ってるか?との問いかけで始まる歌だが、その後ボタンの話題はガン無視である)しょうもないことに脳の容量を使いすぎだと反省する。

 変形ロボの機構的な嘘をどこまで許容するか、というのは、メカフェチの俺にはずいぶん重要な問題なんだけど、こんなものにこだわってても1円の得も無いどころか人生のあちこちで損しているに違いない。
 ちなみに機構的な嘘とは、それは無理、というゲッターロボ的なものから、おいおいエンジンどこに入ってるんだよ!そのジェットはどこから吸気してんだよ、程度、コクピット真っ二つかよ!みたいなものまで。
 バルキリーはあの変形にして嘘が異常少なくてビビる。トランスフォーマーは逆に変形がただの擬態だから嘘を気にする気無しなのが、いいところでもあり燃えきれない所でもある。

 リアルな変形ロボ(変形ロボがリアルなわけあるかい)という矛盾したところを、どう嘘ついて誤魔化すかというのに凄く重きを置いてしまう。

 やっぱ書いてみて思ったけど、1円の得もねぇ。

 大手サイトで、版権キャラが複数出ている同人ゲームが紹介されていて、危険だなと思う。
 マーチャンダイジングにおいて、ゲームって重要なポジションだから、訴えられなくても、警告を受ける危険性が非常に高い。
 なぜ、コミケ(同人誌)は無許可版権のスレスレにいるが、ワンフェス(ガレージキット)は版権許諾を必要としているか。(これはワンフェスがそういう前例作っちゃった部分もあるんだけど)
 知的財産権や、商標権は、一応目を通そうよ。

2008/08/19(火) 01:00:53| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.