島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
ルーラから考える最近のゲームバランス:今のゲームに求められるもの
■ドラクエのルーラ
 ルーラとはいわゆるもと居た町に帰る魔法。
「そろそろ薬買い足そう」
「あーやっと攻略終わった。帰ってセーブしよう」
 てな時に使う。
 あと、攻略中のダンジョンから脱出するリレミト。
「うぉやっべMP足んねぇ」
「今日の経験値稼ぎはこれぐらいにしておこう」
 といった理由で、ダンジョンから出てくるときに重宝する。
 このタイプの魔法は最近ドラクエ以外ではトンと見なくなったし、ドラクエですらプレイヤーはめったに使わなくなった。
 これが何を意味するかというと。
■繰り返し経験値稼ぎが必要ななゲームは喜ばれない
 ドラクエで、ルーラ、リレミトは「便利」と評されていたわけだけど、今、「ルーラを必要とする状況」はプレイヤーに嫌われる。
 そもそもルーラ、リレミトを必要とするバランスは嫌われてしまうわけ。

 大体今は、どこでもセーブが当たり前で教会いかなきゃダメってのが少数派。

 かつては、何度も死んだり、やりなおしたり、同じところをグルグル回って経験値を稼いで遊ぶのが普通だった。
 死んで覚えろ。それが良いゲームバランスだった。

 現在はフツーに適当に遊んだら、生死の境をギリギリ(な印象)で、クリアできるゲームが良いとされている。初プレイでノーセーブクリアできるぐらいの。

 死にそうになってハラハラはしたいが、そこで死んだらクソゲー。
 ハラハラドキドキとピンチを克服した達成感。そういう楽しいところだけをプレイしたい。
 でも、死んで同じことをまたやるのは嫌だ。巻き戻しもやり直しもゴメンだ。

そんなわけで、

接待プレイをしてくれるのがいいゲーム。


 というのが、今のゲームシーンだと思う。

 それで良いのか?といわれるとちょっと考えちゃうけど、わざわざコンピュータと遊ぶのだから、それで良いかもしんないと思えてきた。
 無茶な苦労の果てに得れる快感は、ゲームじゃないとこで得た方が健全な気がする。

 さて今度のドラクエはどうなってますかね。そろそろ発売だけど、さすがにもう延びないか。


2009/06/10(水) 01:27:54| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.