島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
希望は戦争じゃなくて。ちょっと明るい話題を書いてみる。
 今回は若い人向けに書くぜ!

 何度か書いてるけど、今何が生きててツライかといえば、
「安く労働力を使い潰していく企業と、使い潰されていく若年労働者」
という状況じゃないかと。未来が無い。

 マクドやトヨタが、残業代払わないで市場を形成すると、同じように残業代払わない企業じゃないと、その市場で闘えなくなってしまう。
 グローバル化と称して、安い物と労働力が輸入され、それと戦うために国内の人材を安く使い潰していく。
 今の労働市場のシステムってのは、昔は熟練技能者やスキル持ちでないとできなかった仕事を、分解し、マニュアル化して、誰でも取り換えの効く人材で出来るようにして、そういった人を安く搾取することで成り立っている。いつクビを切ってもいい派遣とかは、本来企業が抱えるべきリスクを、末端の個人に抱えさせている事になる。

 その結果が、負け組とか、フリーターとか、搾取される人の増加を生んでいて、さらに搾取に耐えきれないから鬱になったり、メンヘラになったり、引き籠ったりしてしまうわけで。



 で、暗い話題ばかりだけども、これがなぜ起こるか。このようなことが何故発生するかというと、
「使い潰されていく若者が政治的弱者だから」
だと思う。

 例えばこの国の人口ピラミッドはこんな感じで、誰がどう見ても、もうどうしようも無いところまで来ていて、生産性が無く医療費と年金を使い潰すだけの老人によって、ほとんどが占められている。医療費は現役世代の倍ちょいを消費している。
 そんな状況でも、20歳になるまでは、選挙権がなく、最悪な選択がなされようとも反対票を投じることが出来ない。選挙権を持つ年齢でも、現時点での逃げ切り確定(仮に40歳以上)世代と、今きついよ!って世代では人数が違いすぎて勝負にならない。ウンザリだ!

 しかし。だがしかし、なわけで。

 全く生産性のない老人が人数が多いってだけで、この力を発揮できるなら、人数さえ押さえれば、若年労働者にも切り開ける道があるんじゃないのか。



 そこで、例えば年収分布
 年収が2000万超えてるのは3%しか居ないぜ!ちなみに3000万だと1%いねぇらしい。
 でも世の中の仕組みは、3000万超えてる奴が得するように出来てるのはご存じのとおり。
 何が言いたいかというと、
「年齢単位で戦うのを止めて年収単位で戦えばいいんじゃない?」
 という話。

 例えば「年収3000万円以下の党」とかいう政党を結成して「必ず3000万円以下の人に有利になるように活動します」と宣言したら、99%の人の利益になるから、理屈上与党になれる。
 それはまぁ絵空事なんだけど、なんでそういう事が出来ないか。

 ぶっちゃければ、自分やその下の世代は、団結するという事が出来ない。政治運動はすべて胡散臭いものだと思ってきたし、そもそも失敗した政治運動しか見て来ていない。
 だいたい選挙自体数字のトリックだから、どういう単位で選挙地区を区切るかで勝敗なんて簡単にひっくり返るというのを肌身で知っている。付き合ってられるか。しかし、そうやって付き合ってこなかった結果が現状に反映されている。
 だからこそ、そろそろ上手くやろうぜ。

 こうやって、多数者を団結させない、分断、分割して統治するのは、植民地政策の基本。(ローマのカエサルまで遡る)
 それぞれの人たちのエゴイズムを利用して、統治をやりやすくするわけで、これにはムカついておくべきだと思う。ナメられてんだよ。

 若者が老人を恨んだり、派遣社員が正社員を恨んだりするのは、本来の恨まれるべき存在から目を逸らさせられているだけだ。
 エスタブリッシュメントの搾取に対し、搾取されるもの同士でいがみあっても意味が無い。 そういう怒りは、搾取者に向けるべきでしょ。

 団結しろ、運動しろ、仔細には目を瞑って、大勢で集まれ。(共産主義を言ってるんじゃないよ) 圧力をかけれる集団となれ。



 そんなこと言ってもなーと思うでしょ。
 戦争反対してたら左翼に取り込まれ、国を憂えば右翼に取り込まれ、神に祈れば新興宗教に取り込まれ、とロクでもない事ばかりなのが、集団になるという事だと学んできたから。それはでも、そういう風に教空気を作られているから。

 それでも、ここまで世の中がゲンナリな方向になったならば、それなりに空気読む奴は出てくると思うよ。
 例えば小泉なんかはその空気を読んだからこそ既得権益を攻撃することであれだけ大きく振る舞えたわけで。それは結局労働者の利益には全くならなかったわけだけど。
 また同じように空気を読む奴は出て来るだろうし、そのうち1人ぐらいは、労働者の得になることをブチ上げるかも知れない。
 そしてそういうのが出て来るのを待ち切れなかったら、まず集団になれー。
 これから激動の時代を迎えると思うけど、その時団結出来れば乗り越えられると思うんだ。



 こういう理想論とか、明るい未来とかの文章は、こっぱずかしくて普通は書けないなー。こりゃ、悲観論が行き渡るわけだー。麻酔効いてぼんやりしてるからこその所業。
 では、鎮痛剤飲んで寝ます。

2008/06/12(木) 02:08:37| 固定リンク|日記| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
島国大和のド畜生 希望は戦争じゃなくて。ちょっと明るい話題を書いてみる。 ロードと古墳巡りしている最中に少し話になったのが、「犯人の同期を社会問題に帰して、一般論としても意味がない」という件と、上の世代が「若者が政治に参加出来なくした」こと、「労働組合が正
2008/06/17(火) 00:17:56 | 昨日の風はどんなのだっけ?
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.