島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
小学館の漫画原稿紛失に関して
漫画原稿紛失、著者が小学館を提訴

「少年サンデー」に連載していた漫画「金色のガッシュ」の原稿を紛失したとして、著者が発行元の小学館を相手取り、330万円の損害賠償を求めて提訴。

 あの人気作品で330万なのか!安いな、おい!もっと吹っかけてしかるべきだ。
 人気作家にとって330万なんてはした金だから、お金の問題じゃなくって、よっぽどムカついたんだろう。

 最近サンデー編集部に対する恨みや怒りを表に出している作家を多く見かけるなと思っていたんだけれども、さもありなん。
 現行紛失なんてやられたら、信用も信頼もあり得ない。それは作者怒って当たり前。
 小学館は、大手としての誇りをもって、ちゃんとした対処をするかどうかで、評価が決まっちゃうわね。
 コナンにでも探してもらうといい。

追加情報
 あー産経によると、小学館が、カラー原稿料の3倍(51000円)を提示したのか。これはヒドイ。
 もともと掲載の権利のやり取りなので、紛失自体があり得ない事なのに、じゃ3倍でって。
 誠意なんて言葉は使いたくないけど、これはほんとうに、ブチ切れて当たり前だ。
 もちろん、表に出ない情報もいっぱいあるだろうから、安易に判断はできないけど、普通に考えたら小学館はガッシュでいくら儲けたよ?って話になる。

さらに追加情報
 作家本人のblog。陳述書全文あり。

うわぁ。ファンでも何でもなかったけど、これは応援したくなる!
だから、私が右手を折った時、漫画事態が描けれなくなるような思いをして「小学館でのお仕事をお断りさせてください」と言おうと、この編集部は「どうせこいつもまた口だけだ」と笑っていたのである。

 この前後も、相当ムカついたであろう記述が続く。
 うわー。
 漫画家になろうなんて人間は色々と偏ったところはあるだろうけど、それに食わせて貰おうってんなら、編集者はもうちょっと思慮深くあるべきだろう、と思わずにいられない。
 金のタマゴを生むウチは、作家先生を怒らせるような真似しちゃ損じゃん。

 これはもう、凄すぎる。邪宗まんが道を読んだ後だけど、それでも。

 編集者には編集者の言い分も職分もあると思うので、この先は注意してみておきたいなー。と思った。

2008/06/06(金) 23:59:11| 固定リンク|日記| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
(株)小学館を提訴。 雷句誠の今日このごろ。/ウェブリブログ ガッシュ作者が小学館を訴えた件ですが、その後本人のブログで詳細が明らかにされました。 サンデー編集部や小学館に対して嫌気がさしていたのは、カラー原稿の紛失以前の問題だった模様。 少年マンガとい...
2008/06/08(日) 06:58:46 | マイナスドライバ(2008)
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.