島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
おおきく振りかぶって 1~9巻 及びDVD 感想
 面白いという話を聞いて購入。高校野球漫画。確かに面白い。DVDは借りて見た。

 良くある高校野球漫画と比べて、学校活動としての野球、父母との関係などの密度が濃い。
 また、試合は地味に丁寧に描かれ、投球内容も1試合を通じてコントロールされている。
 やー。良くこんなの描くわー。作者は高校野球好きな人なんでしょうね。

 以下どうでもいい感想
 「弱小でクセのある野球部が勝ちあがる」というのがプロットだと思う。
 んでも勝ち上がるにはソレ相応の戦力じゃなきゃ無理なので、10人というギリギリ人数の割にはタレントが揃っている。異常にコントロールのいい癖球ピッチャーと、ソレを生かせるキャッチャー、どんなタマでも何とか打っちゃう4番打者。ヘタするとリアリティの無いスーパープレイヤーばかりなんだけれども、球速がない、性格に難、身体が小さいなど、マイナス面を用意する事で、漫画の中でのリアリティを確保している。あわせてメンタルトレーニングや周辺視トレーニングなど、強豪と競り合える要素を準備してある。
 そんな感じで丁寧に細かく嘘を糊塗してあって漫画として面白い。

 自分の学生の頃は確か野球部強い学校だったと思うけど、あんまり記憶に無い。高校野球漫画で現実の高校生活を引き合いに出して考えたくなるのなんて滅多に無いから、スゲェなぁと。

 しっかし、丁寧な描写の為に一試合が長い。9巻までで公式戦は1回で、それが4巻分も引っ張るのは流石にキチィ。読む側の集中力が持たない。(正確には、練習試合1、公式1と、2回表まで)
 DVDはも試合の長さはキツかった。(凄まじく上手く原作の味を再現していてビビる。凄い)
 これを縮めると持ち味の一部を失うので、難しい所なんでしょーな。


 

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.