島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
装甲騎兵 ボトムズ ペールゼンファイルズ 3話 4話 感想
装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ (2)
 正直、第2話を見た時「カクヤクたる異端よりはマシそうで良かった。しかし多大な期待は禁物かな」と思った。
 今回、3話、4話をみて、これはこれでイイトコいくかも知れんに変った。

 以下狭い感想

 「装甲騎兵ボトムズ」に求められる物語というものがあると思う。
 自分にとってのそれは、似非(エセ)ミリタリー的な演出と、AT(ロボット)大活躍だと思っている。

 そういう意味では、3話、4話は、ほぼAT戦闘だけなので、満足度が高い。
 今回のペールゼンファイルズは、TV本編と野望のルーツを見てないと意味が通じない構造だが、これは客層考えると仕方無いのかも知れない。どうせならメロウリンクみたいに本編関係無しにしたほうが新規客にアピールできたかもしれないけど、個人的にはあんまりメロウリンクにいい印象ないからなぁ。

 気になったのは、人間に直接銃弾をぶち込むのがタブーなのか、敵バララント兵が生身の姿を見せず、ずっとATだけだった所。ロボで歩き回って、ロボでメカ操作して、なんか、たちの悪いキグルミコントの様相。
 そういう意味では、ATの動きが全体的に芝居をし過ぎていて、鉄の塊の感じが足りず不満。ぶっといロープの上をローラーダッシュとか。あのヘンはテクノロジー的にやり過ぎに見えて好きじゃない。

 また、ATの良さはその4mというサイズに依存する所が大きいので、人間と絡めた演出がもっと欲しい。
 TVシリーズのクメン篇では、ATにかけてあるシートをはぐとか、歩兵がAT部隊に随伴するとか、その辺がかなり良かったので尚更強く思う。今後に期待したいが、ATと人間を同じ画面に収めるのを、CGの都合からか避けているように感じるので、そこは無理なのかもしれず。しかしやはり期待したい。


以下、他のボトムズ作品に関して

 私が好きなボトムズの映像作品を上げると以下2つになる。

1.OVA:野望のルーツ
 延々戦闘してるだけ。キリコが全く死なない理由を設定という反則技披露。
 以後、この反則が物語の芯になるので、大変微妙なんだけど、反則を最初に使った本作では非常に効果的。
 こけかけたATが地面を銃撃しその反動で体勢を立て直すブースタンドも披露。この辺がボトムズ世界ギリギリのリアリティだと思う。
 メカ戦のリアリティなんてのは人によって位置付けが違うと思うけれども、ワイヤー射出してターザンのような挙動をするATは自分にとって、悪夢に近い。せめてガサラキ程度のワイヤーアクションに抑えて欲しい。(あれも,あの重量を支えるのは無理だろ、ってのはあるにせよ)

2.TVシリーズ総集編Vol.2(DVD出てないのか!)
 内乱の地、クメンのジャングルで延々戦闘してるだけ。女性キャラ登場シーンははバッサリカット。フィアナに到ってはブルティッシュドッグのカカトしか出て来ない。
 ちなみにOPは模型撮影によるもので、1/4ぐらいのデカイスコープドッグが見れる。(アタマだけ)1/1鉄製スコープドッグを生で見ることが出来た現在からだとアレだけど、ボトムズのアニメシーンは模型シーンに物凄く歩み寄ってたのが解る。 作画参考資料にタカラの模型が使われてたそうだし。
 後半のイプシロンとの戦闘で円筒形の太いパイプ上をローラーダッシュするシーンがあってこれも俺的好みからはNG。やかましいファンだなぁ。
 話は余り好きではないけど、OVAビッグバトルでは、ATは拳を握り締めたままで、殆んど手として使わない。
 これが、大変リアル風味で良かった。
 一度ロボットアニメのこの演出がかっけー!10選!とかつくらにゃな(趣味で)と思う。

というわけで、メカ戦のリアリティとか
 サバゲーとか、FPSとかで遊ぶと、物凄くリアルに解るんだけど、銃撃というのは簡単に当る。遮蔽物の無い場所を敵に向かって走るとかは、よっぽどの初心者じゃないとやらない。
 敵の銃弾をかいくぐって接近戦とか、大量の敵を少数の味方でちぎっては投げ、というのが、いかに夢物語かは簡単に理解出来る。

 でも、やってみたいから夢なので、それを実現するために、どれだけ用意周到に「ああそれなら、銃弾かいくぐって接近戦で勝てるよな」という状況を設定するかだと思う。
 アニメにしろ、映画にしろ、その辺が非常にヌルくてよく興ざめする。

 ワンマンアーミーでむちゃくちゃなランボーだけど、あれの1作目のその説明の用意周到さったらないのよね。そういう部分が欲しい。
 富野とか、逆シャアみると良く解るけど、モビルスーツの嘘を多重的に塗り固めるのが死ぬほど上手い。
 ボトムズは設定レベルでは最高に騙されたい嘘をついてくれるので、あとはシナリオ、演出レベルでそういう嘘をついてくれることを期待したい。

2008/01/25(金) 01:11:06| 固定リンク|日記| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
調子に乗って連投。いや、こういうときに書いとかなきゃ。「用心棒」は最高の映画。なにが最高かって、ラストバトルが最高。オレは、銃...
2008/01/25(金) 22:54:29 | とりあえず作ってみました。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.