島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
駄目のエリート
 えーと「駄目なエリート」じゃなくて。「駄目のエリート」。
 かつて、偉いイギリス人は言いました。
「良心のタガがないが故、自由に振舞える人がいる。いわば悪のエリート」
 んで俺が提唱します。
「根っから駄目人間な故、色々タガの外れた人間がいる。それが駄目のエリート」

 書いててて、ただの駄目人間な気がして来ましたが。
 事の発端は最近の自分の駄目人間ぷり。
 まず、仕事っぷりが駄目。
 まぁ若い頃はがむしゃらに仕事をしてたんですが。
 今はとにかく効率重視。
「やって見せ、言って聞かせて、させて見て、誉めてやらねば人は動かじ」と山本五十六も言ってますが。面倒くせぇ。出来る奴はほっといても出来る。出来ねー奴にやらせるぐらいなら俺がやる。
 一時期なるべく皆に面白い仕事が行くように、割り振った事があるんだけど、結果惨敗で後始末に走り回る事になった。この敗因は2点あって「面白いと思うところは人によって違う」「設計だけは、かなり出来る奴に任せないと最後に地獄を見る」という事。
 実際、時間の無いプロジェクトで、やむを得ず自分で全部強引に切り回した事があって、その時はえらく小さく纏めたけど残業とか徹夜とかをチームに強制せずに済んだ。良し悪しは別として、スケジュールも守れたし、それが成功体験としてあるので逆らいがたい。「もーいい俺がやるコンチクショウ」状態。育つ奴は、環境は与えるし指示は出すし、フォローもするからそれで育ってくれ。みたいな。

 んで次に、飲み会が駄目。
 クライアントのエライ人をガン無視。可能な限り無視。
 立場的にお前、ビール持って酌行って来い!てな状況でも超無視。駄目過ぎる。エライ人がこっちに酌しに来ちゃう始末。まーエライ人が周りに気を効かす構図が好きだからな日本人は。ちなみに、社内方向にも酌行く気ゼロ。誰にも気を使わない。上にも下にも使いたくない。
「もーいいじゃん。開発者なんて社交性無しなんだから、無礼でアホでもさー、ゲーム作る能力だけあればさー。」
 という、ある種悟りの位置まで来てしまった。ハイパー身勝手。
ほっといてくれよもー。一人で勝手に酒飲ませろ。

 最後にプライベートが駄目。
 ぐだぐだ。自分の時間を確保したいが、仕事に削られ、不健康に削られ、残った少ない時間を何に使うかというと、飯くって酒飲んで寝てるだけだ。飯食ってをヨメと行うパターンが多いので、コレを俺は家族サービスのつもりで居るけど、実際はどうか知らねェ。
 後は玩具買って弄ったり、パテを捏ねてる。おいおいこんな大人が居ていいのか。


 なんというか「駄目な俺が駄目なまま振舞ってお咎め無し」というのが現状の環境だ。
 いや、実際は苦々しく思ってる人居るんだろうけども、誰も咎め立てしにくいというか。
 この状態に来るまでに物凄いコストをはたいた気がする。コレを目指して頑張って来たわけじゃ無いんだが。あれぇ?

 コレで曰く「駄目のエリート」!
 今後良い事有るかと言えば、絶対ねぇ!だが今はありのままに駄目でOK!げへへへ。
 あれだ。自主的ホームレスの人とかと同じ立場。

 …やべぇ反省しよう。

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.