島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
亀田とか
 亀田製菓の「ちぎれもち」は大変旨い。

 という話ではなくて。

 ボクシングの亀田の話。

 筒井康隆の短編に「イチゴの日」(薬菜飯店)てのがあって、それの導入は、すんげーブサイクな女の子を小さい頃から、可愛い可愛いとおだて上げて、アイドルとして育てて笑いものにする、というものなのだけど。

 亀田騒動はどうにもそういう香りを嗅いでしまう。
 周りがそう動くなら、本人だけではどうしようもないんじゃないかと。
 TV見てないのでよく判らないんだけど、どっかのアイドルの女の子がナマイキ過ぎるとか、いろいろそういう話あるじゃないですか。そういうのと同じ香り。
 だって周りはイエスマンで固まってみんなで腫れ物触るように扱うわけですよ。
 おだて上げて2階に上げて、ハシゴ外して火をつけて、落ちてきたら指さして笑うの。

 もともと「持ち上げて話題にして」「落として話題にして」というのは、昔からTV屋が常に使い続けてきたマッチポンプだけれど、まだまだ使えてしまうのだなぁと嫌な気持ちになってしまう。

 TV屋は視聴率取れればそれでいいから、間違えれば人が死ぬボクシングだってそれで平気。人の人生よりも視聴率。そのTVを見て人が不快になっても、視聴率が稼げたと喜ぶ。

 スポンサーに対して不快である旨を伝えていかないとダメなんでしょうねぇ。
 面倒な世の中ですこと。 

2007/10/18(木) 12:45:59| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.