島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
死亡日記
 忙しくて死にそうな所に、全く俺と関係ない、いつ破裂するかわからない仕事爆弾が、俺の傍に勝手設置されている。その癖、おためごかして情報が遅い。
 仕事にだけは誠実だった俺としても、スジを通さない状況にまで誠実な対応はする気は無い。
 ということで以後一切知らん事にした。あースッキリ。

■ユーザー企業で進む発注者能力の喪失、それでITは大丈夫?
ITproより。
発注者能力とは読んで字のごとく、発注者として必要な能力のことだ。丸投げしないことと言ってもよい。自分の課題、つまり何を作ってほしいのかを明確にして提案を求め、合理的判断でITベンダーを選択し、ITベンダーが効率良く仕事をできるように環境を整え、きちんと検収する能力である。あまりに当たり前で文字にすると恥ずかしくなるが、こうした発注者能力のないユーザー企業が増えている。

 慣れっこだ。
 だからこそ、俺たちは、とにかくペーパーベースで仕事を進める術を見につけ、相手が書かない仕様書を固め「コレで良いんですよね?」と言質を取り、取った言質は、メールで本日の議事録として流す。ひっくり返った時に「この指示で進めていましたので、変更にはコストがかかります」という、最後の保険の為だけに、これだけ手を回すのを日常とする。
 そうでもしないと後から後から仕事が増えていくし、増やしてる方は当然の要求だと思いやがる。そういった意味で、糞野郎と仕事することに関しては100戦練磨だ。

 自慢出来るスキルじゃねぇけど、それが出来ない奴の下で働きたくは無いし、そう思われるのは嫌だから、自分はチームに煮え湯を飲まさない為にも、ソコは最大限頑張る。
 ソコを頑張れない奴は、死ね。



 どうにも仕事で煮詰まってると、仕事の記事しか目に入らないんでweb巡回やめ。寝る。


 大体未だに熱下がらんし。
 早いトコひと山終わらせて(ちなみに今五山抱えてる)少しはラクになりたい。一度仕事をこなせる所見せちゃうと、無制限に仕事増えちゃうんだよな。それは甘えと変わらない。

2007/04/14(土) 02:53:29| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.