島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
今日の日記
 風邪っぴき。まぁ抵抗力落ちてるからなぁ。
 仕方が無いので、自宅からノート+フトンでチマチマと仕事をするが、セキュリティレベルを上げた後なので、はかどらない。まぁ仕方なし。

 風邪には卵酒という事で卵酒を作って呑む。呑み足りないのでもう1杯作ろうとしたら卵が無くなっていたので、ただの燗酒を呑む。身体が暖まったので、次は冷で。
 旨いなぁ卵酒!オツマミ欲しいな。

■今日のジャンプ
 ネタバレなので注意。
・ナルトで技の名前がガンダム系だったんだけど、この漫画って前からそういうのだっけ?
・ブルードラゴンがジャンプに載ってる漫画とは思えない程、ネームが駄目なのだけど、アレは100%広告扱いなのかしら。それでいいのか?

■優秀な人について考える
小野和俊のブログさんより。
はっきりと自分より上に位置する人がいなくなったことによる開放感から、今まで目指すことをしていなかったレベルにまで踏み込み始めて、聖人のように見えたあの人がいなくなってからの方が、結果的にはうまくいったという話も割とよくある。
 別に、自分が聖人なわけじゃないけれど、最近これを良く考える。
 自分が、他の人の成長のフタになってしまって居るんでは無いかという思いは常にあって、それはとても恐ろしい。
 人は失敗を通してしか成長出来ない生き物だと思っていて、なのでなるべく自由にやってもらって失敗もそこそこした上で成長、ってのがベストだと思っている。
 しかし、状況とスケジュールが失敗を許さない場合、結局、ああしろこうしろ、なんでそんなやり方してるんだ、みたいな口の挟み方をせざるを得なくなる。
 そうされた側は、ならば言われたとおりにやればいいやとなってしまって、指示待ち人間になってしまうかも知れないし、指示が無いのを言い訳に仕事が出来なくなるかも知れない。
 あーもー、やな話だ。

 あ、逆に考えると、自分が今わざと手を出していない仕事(それをやると越権だと思っている部分)も、まぁ手を出しちゃえよって話になるのか。ううむ。

■ゲームのプランナーになる方法
 こういうのを聞かれるという事は就職活動シーズンなのか?
 そこそこのプログラムが組めるか、そこそこ3Dツールが使えるなら、それらの作品もって面接行けば、後はそこそこの社会性と話術があれば結構簡単になれるんじゃね?そこそこのプランナーぐらいなら。

 実際1ヶ月あればツールぐらい使えるようになるし、プログラムも難しいのじゃなければなんとでもなる。それそのもののアピールじゃなくて「余技でコレぐらいやれるんで企画の仕事の助けになると思います」ってやればかなりポイント稼げるんじゃない?実際現場は常に人手不足だし。
 と思いますよ、最近面接とかしてると。自分に付加価値つけるのを怠っちゃイカンです。
 この辺、本にも書いたけど「ゲームを作りたいです」じゃなくて「自分の能力はゲームを作るのに役に立ちます」ぐらいまで持っていってあれば、雇用側も見る目が違うと思います。
 どっちかと言うと就職した後、どうやってキャリアを形成するかの方が難問ですよ。

■今日のトランスフォーマー
 まだまだTFに嵌っております。映像作品は殆どちゃんと見て無いけど。

・ライブコンボイ
 レスキューヘリからロボに。ファストガンナータイプの前屈変形。珍しい処理としては頭を収納するスライド機構がバックパックと連結しているトコと、テールローターを2分割して背中に背負わせているトコ。
 ギミックとして、スイッチによる、ウィンチの巻き取りとローターの回転付き。
 よく出来ているんだけど、ここに来るまでに自分の目が肥えすぎた感じ。なんちゅー贅沢な話でしょ。

ここから頂き物~

・スタースクリーム(ロボットマスターズ)
 最近ではクラッシックのスタスクが惹かれるけれども、コレもなかなか。見て無いけど大変劇中イメージに近い感じ。しかも改造済みのを頂いたので男前。
 時代を調べると、スタスクの原型はダイアクロンのジェットロボなのでギリギリでバルキリーのちょっと後な感じ。共にスタジオぬえ関連なので影響下にあったのかなかったのかは不明。
 しっかし、よくもまぁここまでF15をロボにしたなぁと関心。脳内妄想が止まりません。

・ガルバトロン
 同じく飛行機に変形する奴。銃や戦車じゃない方。
 でけー!そして、デザインが一昔前風味。たぶん時代的にそうなんだと思う。
 飛行機の機首を背中に背負うタイプの変形で、頭が機首根本下部にくるというレギオスチックな部分あり。そこだけだけど。足の変形や手首の変形にスプリングが使われていてるので、大味な変形だけど小気味良い感じ。ウィングもギアで連動して変形する。
 こういうギミック的なのって、実際弄らないとありがたみ解らないよなぁ。
 でかいだけに丁寧なつくり。でもデカイ。

・セイバーバック
 ステゴサウルスからロボに変形。
 四肢がそのまま四肢になるタイプで、ヒジヒザの位置もそのまま。単純な変形かと思いきや異常に可変の為の軸が多い。うわぁ。
 肩幅や、胴の長さの調整の為に細かな可動軸が大量に用意されているのね。
 しかもわりとTFではおざなりにされる手首の収納とか、背中に回ったガワの形状とか、恐竜時の頭蓋骨が胸に来るとか、デザイン的なものが凄く意識されている。変形のトリッキーさよりも、スタイルの調整の為にコストが割かれていてTFとしては設計思想がちょっと珍しい。
 おかげで、両形態ともスタイルがグンバツ!すげ!

・ハウリンガー
 犬からロボに。わんわんって感じで可愛い。
 下半身はそのまま、上半身はロボ腕が胸元にちょっと見えてるタイプの変形。
 尻尾がスプリングガンになるんだけれど、その弾が肋骨を模した形状で内蔵式。この辺の余剰パーツ一切無しはシビれる。ロボ顔が物凄いシャクレアゴでカッコイイ。
 
・デッドエンド
 アンモナイトがロボに。
 ガワ変形だけれども、ガワを外してまず「うわぁ」と思った。「ロボに変形させた後、元通りアンモナイトに戻すには説明書読むハメになるなこれ」という「うわぁ」
 特に複雑な変形はしてないんだけど、ガワ変形ゆえにパーツの形状から変形時そのパーツをどこへもって行くべきかが類推できない。3Dパズル。うっひょー!
 そして、ロボフェイスがいやらしい顔しててナイス!

・クレイジーボルト
 エリマキトカゲからロボに一発変形。
 どシンプル!裏から見るまでもなく横からも変形後の足が見えてたりする。男らしい!
 一発変形の凄さを味わうには、下のランディの方がむいてるかも。

・ランディ
 イノシシからロボに一発変形。
 変形パターンはイノシシを腹で開いて、イノシシ頭部がロボの胸板に来るタイプ。
 イノシシを腹で開く所のギミックがギアによる連動で行われていて関心。これスプリングをもう1個仕込んでロックするタイプにした方が、設計も生産も楽なんじゃないのかな。なんか別の理由や美学がある模様。
 これ変形に手間がかからないので、ちょっとした隙に「カショ(変形)」「パチン(戻す)」をしてしまう。手遊び感バツグン。


・ハインラッド
 タヌキから信楽焼きのタヌキの置物とロボに変形。
 置物タヌキ状態で目覚まし時計として機能し、ベルを止めるにはロボに変形が必要。素晴らしく頭が悪いので、タカラはこういうのもっとやって欲しい。

~今日はここまで~
 沢山のTFをありがとうございます。


 フトンから頭だけ出してゴソゴソしてると、子供みたいですな。
 あと、TFは買い物するなら、オークションかベルハウスがお勧め。amazonは写真用にリンクしたけど、高いので。
 では、おやすみなさい。 

2006/12/11(月) 00:12:39| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.