島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
レオパルドン
 キター!
 なんつーか、俺を飢え死にさせるつもりか。最近のバンダイ、タカラ商戦は。

 もともと当時の玩具のクオリティが超絶に高かったレオパルドンだけに、えー今更「魂」で出さんでも、と思わないでも無かったけれど、すげぇ出来よさげ。当時の玩具はプレミアついてるし、これは、狙いどころとしてはガチ。マーベル社のスパイダーマン版権は大変高価で、新作玩具が出ることは無いであろうと言われていただけに驚いた。

 レオパルドンは、マニアの間では、特撮ロボット最強と言われている。戦闘シーンが殆どバンク映像で、登場と同時に敵をやっつけてしまう、瞬殺ロボだからだ。男の子は強いものに憧れるので、当時の自分の周りでレオパルドンは大人気だった。

 あと、きのこ嫌いの私としては「きのこ狩りの男スパイダーマン!(31話)」の因縁もあって、はチェックしないわけにはいかぬ。

 ちなみに、アメリカ人に日本版を見せると、マーベラーを呼ぶ所でゲラゲラ笑うので面白いぞ。

 サム・ライミもヴェノム出してる暇あったらレオパルドン出しとけってんだ。(言いすぎ)


【参考】
東映スパイダーマンさん。
 あまりの懐かしさに震えました。全話解説を読み下す時間がほしい。
 レオパルドンの能力ページも必見!

black徒然草さんトコのスパイダーマンレビューは、特徴をかいつまんであって面白いです。

日本コミック版スパイダーマン池上遼一が、クロ高ぽくなる前の漫画(違)。これ、3巻から(ちょうど小説をホサれていた)平井和正が原作で付いていて、その精神状態が影響したのか、えらくドロドロダークな話が連続する。青春の淀みと熱があってすげぇいい感じで好き。まぁ昔の漫画なので割り引いて考えないといけないけど。

2006/08/10(木) 01:22:02| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.