島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
webの記事の書き方
 最終防衛ライン2さんの皆さんの記事の書き方を知りたいなに触発されて、聞かれてもないのに私のweb上の文章書きの手順を勝手に大公開。
1.モチベーションは何か
 汚い話だけど、新陳代謝で出る排泄物みたいな物なので、出さないとキモチ悪い。だってそういうもんだもの。
 物心ついた時にはラクガキマニアだったし、なんか想像したものをカタチにすることが大好きだった。今更止まらない。
 ヘタの横好き。或いは斜め上好き。

2.記事のタイトル
 凝らない。なるべくそっけなくか、もしくは意味を完結に。
 なんというか、読まれたいが為に、刺激的なタイトルつけてあるトコとかに引っ掛かると、時間つぶしをしているにも関わらず、無駄な時間を使ったと思ってしまう。そういうガッカリ感が無いほうが良いかと。

3.記事の書き始め
 なんとなく書き出して、なんとなく終る。まとまりが悪かったら前後を入れ替えたりする。
 一応、仕事で書く文章は、前後関係や重複をミッチリ考える必要があるので、あんまり考えないで書く文章に憧れる。
 本なんかは、結構考えてまとめた後、口語調に前後をとっ散らかしたりする。でも思った程の効果が出せて無いのは能力不足。

4.記事の構成
 コレも基本なんとなく。
 ただし、真面目な内容だけを書いておくと、真面目な人だと思われる危険性があるので、マジメなエントリには必ずどこかにバカを入れる。
 一種の責任回避だけど、この記事書いた人は頭悪いぜーというサインをなるべく入れておいた方が、自分的に収まりがいい。もぅ照れ屋さん!

5.記事の推敲と校正
 書いてみて、推敲が要りそうな時はする。どうでも良さそうな時はしない。この文章はしてない。
 感情を吐き出したい時、情報を伝えたい時、ロジックを伝えたい時。だいたいこの3つが文章を書くきっかけだけど、ロジックを伝える時はわりと推敲が必要になる。ほかのはケースバイケース。

6.記事を書く場所
 ブラウザにいきなり書き出す。推敲が必要な文章だな、と思ったらメモ帳にコピーしてそこで書く。
 ゲーム業界人には珍しく、メモ帳。VZ派だったんだけど最近メモ帳で事足りつつある。仕事ではWZ。
 ブラウザ上で書いていて、送信失敗で消えた場合は、神の御告げだと思う事にする。

7.その他
 絵描きの人が、作業時間とか、描く手順とかをこういうので曝してくれると、非常に読み物として面白い気がする。
 だれか、描画過程をupしつつやってくれないかしらん。

2006/08/01(火) 02:42:26| 固定リンク|web| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.