島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
リアルって言葉を便利に使うなー
第2回:ゲームのリアルって何よ!?
(マリオがジャンプ中に空中でバックできることに関して)
現実と一致することが「ゲームのリアル」じゃない*2。
 ゲームのリアルは、「プレイヤーの気持ち」が「インターフェイス」を通じて「ゲームの中」と一致することだ。
 別に書かれている内容に、大筋で異論は無いし、反対でもないけど、リアルって単語をそういう風に使うのは抵抗がある。
 「自ゲー一体の境地」とか良い言葉を作ったのならそれを使ってくれたらいいのにと思った。

 ぶっちゃけていうと、こーゆーいい加減な言葉をつかうクライアントに常に悩まされているがゆえの、八つ当たりなんだけれど。

 FF7てリアルでいいよね!とか。
 バーチャファイターの挙動がリアルだとか。
 バーチャロンの動作がリアルだとか。
 イコみたいなリアルな画面にしてくださいとか。

 お前ら、自分の好きなゲームにリアルって誉め言葉使いたいだけだろ!

 みたいな。

 局所的な私憤はここまでにして、面白くなりそうな連載なので期待してます。

 てか、第1回と合わせて、今回初めて読んだのだけれど、これは、あれだ。微妙に本来の使い方と違うキーワードを乗っけて違和感から心に訴えかける手法を主に使ってる文章でした。心に余裕がないと、ヘンな所に絡んじゃうのでイカンです。反省。

2006/04/04(火) 01:05:20| 固定リンク|web| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.