島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
PSVRで遊んでいる。
 PSVRを再度セットアップし、タダゲーを片っ端からDLしつつ、メジャーどころもポチポチプレイ。



 成長期の子供はヘッドセット禁止なので、子供が寝付いてからしか遊べない。(まぁ子供が寝てからしか帰宅できてないが)

 なんというか過渡期のハードとしては相当によくできており、その安定感は凄いものがあるのだが。
 それにしたって、ゴーグルを簡易に開閉する仕組みがないとか、そもそもVR使わないときに存在が邪魔すぎるとか(TVとPS4の間に電源を必要塔するセットアップボックスがいる。使わないときも通電する)。そういった問題はある。
 あるが、過渡期だからそれも含めて楽しむのだ。
 正直、光学式の位置検出(3Dカメラでヘッドセットのライトを撮影して位置関係を入力する)は、だっせぇと思っていたのだが。その精度の高さは現時点で必要十分以上だと思う。
 特に名前はださないが、他と比べてもかなり制度がいい気がする。

んで、VRゲームといえばこれ。

 はい満足。
 非常によくできている。VRだったらこうするよね、こう処理するよね、と鉄板処理でゲームが作られている。
(移動で酔わせない、背後とか無茶な方向まで振り向かせない、右向きながら左にメクラ打ちして当てる、という真似ができる)
 この場合VRガンコンの威力がハンパないのだが。



んで、あとタダで遊べるといえば。THE PLAY ROOM VRである。
 PSVRのデモンストレーション的なものなので、採算度外視で丁寧に作られている。
 同時プレイ人数2人以上(VR1名、TVn名)のものが多く、ウチにはコントローラー1コしかないので全部を遊べているわけではない。
 VRで見栄えの良い絵作り(例えばスペキュラ系は視差による違いが強く出るのでVR向き)がされており、VRゲームのお手本のような作りになっている。
 テーマパークのアトラクション的なつくりも、長時間遊ぶのが厳しいVRゲーム向きと感じる。

 ジャッカルアサルトVRもタダ。
 これも、はいはいVRでスペースシューティングつくるならこうよね、というお手本的なつくり。

 お手本を連呼しているが、なんでかといえば、まったくなんでこれをVRにしたんだよってゲームが結構あるからだ。
 VRでやるならVRでやる意義がないと、つらい。
 セットアップも面倒だし、ゲームにがっつり没入しないといけないし、何より目が疲れる。
 俺は3D映画も2Dがあれば2Dを見に行く程度に3D映像で目が疲れる人なので特にかもしれないが。

 ステレオ音楽は右耳と左耳にはいる音の差というそのママの仕組みなので特に耳は疲れないが。ステレオ映像というのは錯覚を利用しているので、ツライ気がする。

 その辺はしかし、今後の技術的進歩に期待するとして。

 進歩の最初の一歩付近をウロチョロするのはほんと楽しい。
 費用対効果? そういうのは仕事でいう話であって、趣味で遊ぶ分には気にしてはいけない。

2017/07/15(土) 23:44:34| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.