島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のあれこれ
 精神的なアレコレを物理的にアレコレ。

■GHOST IN THE SHELL - Official Teaser Trailer

 驚きのチープさであり、これはもうダメだというのが、ティーザーの時点で匂い立つ。いや出てみないとわからんけど。
 どんだけ低予算なんだとか、予算かけないとハリウッドでもこのザマかとか、スカーレットヨハンソンも大変ねとか。
 これ、いったいどんな大人の事情が;;
 と勘繰らざるを得ない。おそらく権利購入したはいいが資金が集まらなくて、しかし時間が、みたいなバタバタ悲劇があったとは思うのだが。ハリウッドで大女優使っても、予算足りないと絵がチープでチープで手に負えない、てのは教訓的だ。ちなみに編集も現時点ではめっちゃチープだ。
 これが、映画館にかかるとき、驚きの完成度になってたら、それはまたそのマジックが見たいので、楽しみではあるが。


からだのひみつ: 豪華作家陣が学習まんがで「大人のからだの悩み」に答えます! (学研まんが 大人のひみつシリーズ)
 執筆陣が豪華すぎてついポチってしまったが、よくみたらこれ「大人の」ってついてて、子供にほいよ、と見せれない奴かもしれぬ;;
 学研のひみつシリーズというのは、俺が小さいころからあり、俺の科学的基礎知識(無駄うんちく)のベースはこの辺で築かれたと思う。
 みてくれこのプレミア価格(32800円~)
 ただの懐古趣味かといえばさにあらず、この昭和のひみつシリーズは、かなり丁寧なつくりで、資料性も高く図表も細かい。
 最近のひみつシリーズは、時代の流れで絵柄が今風なのはいいとして、科学知識的欲求にこたえるところがわりとおおざっぱで、ちょっと無念な気持ちになるのだ。

 復刊してほしいなぁ。(科学技術的な部分は、最新の考察を入れて、訳注つけて)

■cintiqで絵を描いていて気が付いたのだが
 人間をたちポーズで描くと、どうにも膝から下あたりが、グダグダになりやすい。
 あー画力足りないからなーと思っていたが、手慰みに紙にシャカシャカ描いてたら、とくにまぁ普通だ。
 これはアレだ、cintiqは画面に角度をつけてあり、それに対してタブペンで絵を描くわけだが、下の方は、机との距離が近いので、手首の位置がややこしくなるのだった。
 これはもう解決したければ、デカイ液晶タブレットを買うか、イーゼルでも買って立って描くかである。無茶だ。

装甲騎兵ボトムズ ベルゼルガDT ST版 初回限定仕様 1/35スケール 全高約12cm 色分け済み プラモデル BK-210

 おー。1/35キットで出るのか。
 ベルゼルガDTは非常にこう、雑な感じのデザインなので、立体映えしにくいのだ。
 ちょっとリンク先の写真を見てほしいが、必要最低限しか装飾の無いデザインに、塗り分けも袖とフトモモだけ白というハンパな感じ、黄色のモールドも立ての頭部、腰アーマーのみという、マが持たない感じの配置。
 なにより「はいはいつけておきましたよ」という大雑把な感じのサンドリッパー(砂漠用ローラーダッシュシステム。名前違ったっけ)がもうね。よくわからん動力パイプ2本で接続とか。
 これがもう、機能を象徴するデザインとか、装飾とか、そういうのが、ほとんどない;
 必要最低限です。はいはい。といった感じ。
 なので、キットでは、塗装なり、ディティールアップしないと、パっとしないと思うのだよなー。
 まず出てくれたことに感謝して、さてどうすりゃいいかな、という。

2016/09/25(日) 22:59:05| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.