島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のあれこれ。
 年老いても、老練になっていくとは限らないのが無念である。

切りのプログラム ハッカー探偵 鹿敷堂桂馬
 まだ序盤。キャラ紹介中のことろまで。

■シンゴジラ関連
 なんとも凄まじい制作過程のようで。
 プリウィズ(ラフな動画)で作り上げつつ、本番の映画と差し替えていく、というハリウッドでは当たり前の手法だが。
、日本映画ではあんまりやらない、やっても部分的だったりするのを、シンゴジラでは本格導入しており。(それはタイトなスケジュールだったからだというが)
 その成果として、映画が完成する前から完成度や全体の見通しが担保され、撮影前に今日撮影するパートはここですよ、みたいな情報共有も簡易になり。つねに全体を通しての調整や編集が可能になり。
 そうなったときに、庵野総監督という、動画を切り刻ませたら天下一品のスキル持ちがおり、さらに偏執的に細部を詰めていく能力があり、それがとんでもなく強権を発動し、ぶん回し、樋口監督が間に挟まって現場をなだめ。
 突出した才能と、それをフォローする才能が、プロダクトの収束に向かって煮えたぎってるわけで。
 鼻血噴くわ。
 関係者インタビューなどを読んでも、あきらかにこれまでの映画撮影と一線を画すこだわりで。そこに支払われた労力、コストはハンパなく。そのこだわりはある場所では無駄な部分もあったと思うのだが、全体を通して必要なこだわりだったわけで。

 その凄さに圧倒されると同時に、同じような真似ができるか?と考えると「難し過ぎる」と思ってしまう自分がいる。
 庵野氏にしたって、出したすべてがヒットしているわけではない。
 人を不幸にする前提でなければ渡れない橋がある。
 そこを渡る覚悟、自分もその橋から落ちる覚悟、そういうものから目を切って疾走する力。
 いろいろなものが必要なのだろうが。そこで渡り切った後に良い物ができるかどうかもまたバクチで。バクチの精度をあげようとすること自体が無粋で、マイナスに働きさえもする。
 ほんと難儀なことだと思う。
 才能とは、結局人を巻きこむ力なのだな。

■精神安定剤として、unityで趣味コードを書いているが。
 unityは本当によくできたプラットフォームで。
 サブスクリプションとかいろいろあって、単価が跳ね上がってしまったのは残念だが。個人で利益出てない分にはタダで使えるから、俺が使う分には問題がない。
 かれこれ結構なコードを書いたのだが、引っかかるところが毎回同じである。

・画面解像度がフリー(スマホなんか機種によってバラバラすぎる)なのに対応するところ。
・UGUI(NGUI)などの、テキスト表示関係のところ。
・getcomponent周り。(理解が浅い)
・変数の型(今回は符号なしint使おうとして、苦労した。JSの変数管理キモちわるい)

といった具合である。
 逆に言えば、ここさえ誰かがサクとパッケージした簡易な関数作っといてくれたら、毎回ゲーム作るにあたって面倒が減ると思うのだが。
 とういかそう思って以前に一度、面倒なことを全部j自分で書いて、今後これのコピペでゲーム作れるぜ、と思って作ったシューティングがあるのだけど、久しぶりに起動したらほぼすべてのソースコードがレガシー警告出まくりで、とてもじゃないが保守してる余裕がない。
 そのうちunity社がどうにかしてくれないものか。
 ぶっちゃけ、画面の縦横比なんか、カメラobjに1コチェックボックス付けりゃいいじゃんてレベルである。
(ネットをさまよって使えそうなコードをみつけて、jsに書き直してどうにかしたが。毎回これやってる気がする)

ワコム 液晶ペンタブレット 27型QHD液晶 Cintiq 27QHD touch DTH-2700/K0
 そうか。30万円か。出せるかー!絵のプロでもないのに。21インチで23万円かー。
 いま、cintiq13(10万ぐらい。windowsPC入り)で落書きをしていて、これが基本性能はまったく文句なしなのだが、画面が13インチなので、俺の書き方だと絵の雑さに限界がある。
 A4の紙を横にして使っているぐらいの描画面なので、全身立ち絵を描くとすると身長20cmぐらい。
 8頭身と考えて、頭が1コ2.5cm。ほらどう頑張っても丁寧な絵にならないでしょう!
 もちろん、拡大機能があるから、拡大縮小しながら書けばいいんだけど、全体見通す能力に欠けるので、デッサンがダダ崩れになってくんだよ!一部アップして絵をかいてると!
 と、精神安定剤として絵を描いているのも、精神を不安定にするのでよくねぇなぁと。
 そろそろモデリングするか。

2016/09/05(月) 01:14:45| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.