島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
ラクガキばかりしている。
 もう、メンタル弱いから、ラクガキして誤魔化す。


 絵がうまくなったわけではなく、ツールの使い方をなんとか覚えてきたという感じ。
 とりあえず、描く手順が大体決まってきたのでメモしておく。

下書き:
 適当にエンピツツールでかく。
ペン入れ:
 適当にぺンツールでかく。これが一番つまらない。
 クリップスタジオのペンツールは強烈で、適当にはみ出しながら描いて、ケシゴムで消すという処理がすさまじく簡単にできる。
ペイント:
 バケツツールで色味ごとに別レイヤーで塗りつぶす。面倒なところは同じレイヤーを使う。
 レイヤー分けてるのは、透明度の保護使ってマスクの代わりにするため。面倒なので5枚を超えないようにする。
ペイント2:
 バケツで塗ったのに、影とハイライトをぺたぺた塗ってく。
 ぶっちゃけ濃い水彩とエアブラシツール以外は使い方がわからない。
しあげ:
 加算発光レイヤーで、ハイライトを追加。
 乗算レイヤーで、影追加。
 空気遠近をやるときは、スクリーンレイヤー使う。
 それぞれ適当にエアブラシでプスーとやっておわり。
 この辺の処理の使い方をまったく知らなかったので、みんな一体どうやってるんだろうと思った。
 最終的にレイヤー効果に頼らず、ぺたぺた塗るだけで、そこそこ見れるような絵を描くのが目標なのだが(ツールが変わると、絵が描けなくなるというのは恐ろしいのと、アナログ画材の再現のほうが楽しい)
  
こんだけ。
 基本的にはペタペタぬるだけなので、あんまり人様の参考にはならない。
 だれか、こうやるともっと便利よ、簡単よ、ってのがあったらぜひ教えてほしい。

2016/08/29(月) 04:25:42| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.