島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
漫画 ジョジョリオン 13 感想
ジョジョリオン 13 (ジャンプコミックス)

 非常に脂が乗ってきた。面白い。やっと大きく話が動き出した。
 コレだけスタンドバトルを大量に描いてきた作者が、アクションバトルではない所にうまく見せ場をシフトしつつ、緊迫感を作って話を転がしている。
 ここ2巻分の最大の見せ場は、田最環(だもたまき)である。
 さえない風貌の彼が、次第にその本性を現していく同時に物語の核心である主人公の過去を明かしていく、その過程は、序盤がただのオモシロ捨てエピソード風味だっただけに、吸引力がある。

 物語のテンションや、主人公に迫る危機が、毎回よく分からぬスタンド能力で解決されてしまうのは、非常に後味がよくないといえばよくないのだが。
 連載マンガにおける、ヒキの作り方として、これほど見事なものもそうあるまい。という上手さ。

 ジョジョリオンは序盤がかなりスロースタートで、それは物語の核心の謎をココまで隠してきた事や、隠しながらもどうでもいい捨てエピソードで時間を浪費してきた事が影響していると思うのだが。
 そして、正直序盤はイマイチ面白いと思えない感じでもあったのだが。

 今この瞬間のアクセルの踏み込みっぷりは、大変気持ちいいなと。

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.