島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
自分の文章のアラは自分では見つけられない。
 blogやtwitterは勢い任せで書いているのは、誤字脱字の量からしてみてのとおりだが。(この頭の悪い言い回しを使うところからしてそうなのだが)

 もうちょっとマトモな文章を書こうとするときは、一応、ざーっと書いてから時間を置いて読み直すのだけども、それでも自分の脳内では文章が出来上がっているから、説明不足や過剰なところに気がつけない。
 おそらく冷静に自分のテキストを見るには2ヶ月ぐらい寝かせないとだめだ。(オレの場合)

 ある程度、客観的に見るために、1日とか置いてから読んでも「あれここ説明足りねぇな。足すか。」とか足して、その先読み進めるとその説明をしていて「あれれ。消すか。」みたいな無駄な堂々巡りをして結果的に、汚い文章にしてしまうことがある。

 例に出すのもおこがましいが夢野久作ガドグラマグラを推敲し続けてより難解にしちゃったように。
 オレは自分のテキストを整理しようとすると、どんどんグダグダにしてしまうらしい。

 こまったもんだ。すみません。


 一つ言い訳をさせてもらうと。最近のMS-IMEのトチ狂い方半端無いよね?
 前はもうちょっとマシだったよね?
 少し使ってると、グダグダになってきて、リセットをせざるをえず、学習効果がマイナスにしかならない。
 Atokにすんなり移行できない自分の指が恨めしい。(元OaK派) 



 文章が仕事の人に。
 島国の文章は、テンポがいいと褒めてもらったことが複数ある。社交辞令にしてもありがたい。
 しかし多分これは、あんまり後先考えないですっ飛ばして書いた文章のことだと思う。
 
 狙って書くときも、テンポは気にするのだけど(口語調で、韻を踏んでたり、妙な倒置があるのが好き)、これは、読み手の能力、いや能力というか読み方のタイプに依存するので、多くの人には通用していないと思う。

 どんな人が読んでも一定以上の効果が出るような書き方がしたい。(スキルが足りません)

2016/03/31(木) 01:55:17| 固定リンク|仕事| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.