島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のあれこれとロボ
 家族で、買い物行ったりなんだり。
 小娘が、エプロンつけてお手伝いとかするようになったので、もーすえげなぁなどと。

■ラクガキその他
機動隊随伴ロボ
 ロボと女性を同時に描く事によって画力アップ練習をしようとして、やっぱ女性面倒くせぇやと途中放置。
 ボストンダイナミクスロボのかっこよさにやられて妄想ふくらむふくらむ。
 ほんと、ホンダアシモには頑張っていただきたい。
 なんつーか、堅牢性と出力あげたら、あとはソフトだ。ソフトはAIだ! というgoogleのやり口はほんと半端なく直球だ。
 でも、ロボットって最終的にそうしないと、どこまでも人間の小技たよりになっちゃう。

歩兵随伴ロボ
 もっと軍事的っぽくアレンジ。
 楽しい。
 大腿と背部にタイヤ収納。展開してロボコン的に走る。走った状態からスクッっと立てるような足配置。

 荒地走破性のため、つま先とカカトを分けただけにとどまらず、指にしてある。鳥の足みたいに自重で地面をつかむ感じを妄想。

 腹部は、男のロマンのスモークディスチャージャー。
 掌には、両手でつかんだ段ボールを天地返しできる、回転軸(その機能は必要なのか?)
 頭頂部に機関銃。ここにつけるのはダサかっこよさ狙い。

 顔は両方ともED-209オマージュ。
 
 病んでる心を癒すにはラクガキ。
 俺の箱庭療法。

グーグルの「物のつかみ方」を自ら相互学習するロボット--人間の介在なしで上達
 夢がひろがりんぐ。怖い方にも!

 囲碁や将棋のAIもそうだが、状況判断を点数化して自己修正を繰り返す(人間が介在しない)学習機能が、モノになってきたあたりで、一気に実用が見えてくると思う。ロボットのAIはハードウェアの問題をある程度緩和する。
例えばロボットが、外界センサー(視覚、聴覚、触覚、ジャイロ)と内界センサー(各種関節の角度)から得る情報から、時間軸上の動作を類推、更に学習効果と複数ハードによる相互学習とくれば、人間に比べて明らかに少ないセンサーでもなんとなく世界にあっちした動き方を見つけるかもしれない。
 囲碁AIがまったく人間の予想もつかない手を使いだしたように。
 歩くにしたって、視覚で位置情報を検知し、地形を把握し、足を動かし、イレギュラーを足首のショックアブッソーバで低減し、瞬間瞬間で体重移動を制御し、みたいなことをやっていると、アシモの記事で読んだことがあるが、この辺を、データの蓄積からなんとなく最善手をロボが選んで、それが共有されていくとすれば。
 複数同時稼働させればさせるだけ、世界にマッチした動きが蓄積されていく。
 2足歩行ロボが、試行錯誤のすえ、自ら4つんばいになって歩き出すかもしんない! ドリーム!

 夢がひろがりんぐ。

クラタス スターターキット
 のこり1体だ!夢に急げ!(無茶を言う)

2016/03/13(日) 02:57:17| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.