島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
漫画 特攻の島 感想
[まとめ買い] 特攻の島 なんと今ならキンドルで8冊88円!!
 お話的にはあと1冊で終わりそうだが、7巻の時もそう思っていた俺がいる。

 人間魚雷「回天」の搭乗者を軸に話がグイグイと転がっていく。
 回天の乗組員として、死ぬための訓練を続ける日々から、出撃、だがしかし、といった個人の視点と、戦局をからめて、ペースを落とさず7巻まで来た(8巻でちょっとスローになった。盛り上げ場でもあるから)

 佐藤秀峰は話の盛り上げ方、ヒキの作り方、流れのタメ、視線の誘導が見事だな作家だと思う。

 海猿、ブラックジャックによろしく、新ブラックジャックによろしく、特攻の島、と立て続けににメッセージ性の強いネタを扱っているが、メッセージを伝えたいというよりは「そういう素材がマンガとして強い」という嗅覚でネタを選んでいる気がする。

 オススメできる。

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.