島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
漫画 中間管理録トネガワ 感想

中間管理録トネガワ(1) (ヤンマガKCスペシャル)
 webで話題のアレである。
 福本信行関係は面白いと思ってコミックスを買いだすとグダグダな延長戦に突入するためいい思いが無いのだが、このスピンオフはとても面白いため、ついまた罠に落ちるように買ってしまった。
 全盛期の本人といわれてもわからない絵柄で、いかにも福本節のマのとり方、無意味な例え、歯の数の多い口など、ポイントを外さぬ作りのギャグマンガである。(ただし深爪度は低め)
 そして巻末には福本信行本人のトネガワが書かれている。ここでは既に焼き土下座がジャブのような軽めのギャグに使われている。
 全編を通して、ギャグがキレッキレだ。
 トネガワの、リスクの高いブラックジョークの滑り方や、褒めて暖めた場が冷めてしまう流れなど、サラリーマン的なツボを押さえ切っている。そしてパワポ。

 これはなんというか、「ネタ会議をやって浮かんだネタ」「それをいかに福本節に落としこむか」の2ステップの両方が上手く行っているように見える。

 この漫画自体はパロディ色の強いスピンオフだから、当然カイジを知らないと笑いどころが解り難いが、他にもいくつかある福本作品スピンオフとかと比べても、サラリーマン喜劇というのは非常に良い組み合わせだったと思う。

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.