島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日の体液が漏れてる
 子供とヨメが実家おくり。俺は延々お仕事モード。
 子供が小さい時にかかわる時間を作ってやれないのが無念。日本の社会構造の問題にしたいが俺の問題。
 父は忙しい上に体調不良だ。睡眠時間も確保しきれない。

■忙しくて満たされない心は
 無駄飯を食うことと無駄な買い物をすることで一時的に癒されるが、体とサイフにはダメージがデカい。
 忙しくても別に給料換わるわけではないからな。
ポチった。
3月のライオン 11 (ジェッツコミックス)
嘘喰い(39): ヤングジャンプコミックス
おおきく振りかぶって(25) (アフタヌーンKC)
ゴールデンカムイ 4 (ヤングジャンプコミックス)
なやむ
uGUIではじめるUnity UIデザインの教科書-Unity5対応

 だいたいにおいて、忙しいと俺の生活ってamazonの巡回だけになっている気がする。

■cintiqを買った配意が、買っただけという状態
 時間が捻出できずほぼ家に居ないのでこの有様。
 俺の画力をざっくり自己評価すると。
形★☆☆☆☆
線☆☆☆☆☆
色☆☆☆☆☆
 といった感じで、なんとなくの形を拾うのがせいぜいで、線を整える能力が無く、色が拾えない、という認識。
 線を整えるとかはなんつーの、俺の絵は漫画絵なのだが、たとえば最近の絵だとまつげの線が眉毛より太いのはいくらでもあるんだが、あれを上手く理解したうえで咀嚼できない。だから自分の絵を書くと気にどこまでならマツゲを濃くしてよいか解らない。
 そういう、線の拾い方ルールで、何歩も出遅れている。
 出遅れた上で、最近のパスで綺麗に引いたような線は100%俺には引けない。パスを使っても。
 というわけで、自分の年齢から残された時間を逆算し、線を上手くなろうとしても無駄と判断する。
 次に色は、アレだ、自分は高荷義之のように、塗りはジョボジョボだったり、大雑把だったりするが、リアルなコントラストがガツッとある絵が大好物なのだが、実際の世界や写真を見て、ああいう風に、色をマッピングできない。なんかもう虹彩のしくみが違うんじゃないかと思う。ここは既存の絵を集めまくって真似すれば、なんならスポイトで色を拾えば、同じレベルにはたどり着けないまでも、イミテーションの足元ぐらいには近づけるかもしれないが、特にカラーを描く用事がないので、ここに時間を割かない。
 するとなんだ、形をもうちょっとマシに捉える能力をつけるべきだと思うんだが。
 そういうのはクロッキーとかデッサンとかやるべきであって、cintiq買って舞い上がってる場合じゃないだろう。
 ただ、紙に書くのは楽しいし早いが、ゴミが出るし、フィニッシュするのにスキャンが必要だったりするので、面倒くさい。
 だからこそいきなりタブPCで落書きしてひょいとネットに上げれる環境がほしいのであった。
 そこをcintiqが埋めてくれるといいんだが。(触る時間がない)

2015/08/13(木) 00:49:35| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.