島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
映画 超高速!参勤交代 感想
超高速!参勤交代を見たので感想を書く。


■あらすじ
 小藩の藩主、内藤政醇は、参勤交代から帰国を果たした直後「5日のうちに再び参勤交代せよ」と命ぜられる。
 藩が所有する金山に目をつけ無理難題をふっかけて藩を取り潰そうという企みがあったのだ。

■感想
 うーん。悪くは無いのだが。好き嫌いでいうと嫌いじゃないのだが。
 話の転がし方というか、テンポがふつうなのである。というかゆっくり目。いやこんなものだと思うのだが、タイトルが超高速である。多少は期待する。
 同じ内容でもザクザク刻めば、もっとテンポよくなって見せ場に時間を使えるのではないか。時代劇ということで、年齢層高めもターゲットかもしれぬ。色々な事情もあるんだろう。国産映画的な限界も見える。

 同じロードムービーだからと言ってマッドマックス怒りのデスロードとかと比べるわけではないが。
 結構セットを作りこんであり、ロケもいい感じ、キャラも立ってるし、殺陣も悪くない。
(いや殺陣かなりいい。カット刻めば相当な大作映画にも見劣りしないぐらい役者やアクションの人が動けていると思う。)

 あと一歩、あと一歩でなんかもっといいものになりそうな、そういう感じがある。
(個人的にはやはり、シナリオとカメラワークと編集をもっと凝ればいいのにと思う。あとは役者の滑舌か。)
 伏線が足りていないと感じる所や、このカットは長時間見せちゃだめだろ、とかフィックスカメラじゃだめだろみたいなところ、そぎ落としたり、体裁を整えればとても面白そうなのだった。
 あと俺自身が役者に詳しくないので、どれが誰かの脳内マップを作るにあたってちょっと時間がかかった。もう少し衣装とかが大きくに違う方が助かる。各勢力の位置関係もちょっとつかみにくいのだが、これは最近の映画は全部こうか。

 監督は本木克英で釣りバカ日誌などを撮影している人の為、あんまり自分はこの人の作品を知らない。
 シナリオは土橋章宏。この脚本自体は2011年に第37回城戸賞を全審査員満点で受賞したものだそうだ。

 十分面白かったし、色々考えるきっかけになった。

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.