島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
本 荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 感想
荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書) そういえば感想を書いていなかった。

 荒木飛呂彦の本では、やはり荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)が抜群に面白いのだが、その育ちのいい感じの文章や、視点が気に入っていて、かつ映画好きなら、奇妙なホラー映画論は面白い。

 まず、自分も大好きなのだが、テキサスチェーンソーマサカーがお気に入りのようで、「イナカに行ったら怖かった」系ホラーというジャンルとして、なにがどのように面白いのか、と分解をしている。
 そのほか、ゾンビ映画や、怪人(ジェイソン、ブギーマン、フレディ)等にそれぞれの感想と考察を交えていき、なるほどこの視点が漫画に反映されているのかと思わせる。

 エイリアン(SFホラー)は、あれがデビューと同時期であったため強く影響を受け、ああいったものを目指そうと思ったとか、バオー来訪者における、生物的な細かな描写の積み重ねでモンスター、ヒーローを作るというのは、エイリアンだ、と述べている。

 そういった、分解と着想点の記述は、荒木ファンなら楽しいし、捜索をする人なら、自分と感じ方がどう違ったか、どこが同じかなどは、自分を見つめなおすのにも面白い。

 テキサスチェーンソーマサカー好きにはオススメ。




ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.