島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
本 荒木飛呂彦の漫画術 感想
荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)
 届いたので読み。
 大変面白い。
、ジョジョの奇妙な冒険シリーズで有名な漫画家、荒木飛呂彦が書く漫画の描き方。
 あちこちで断片が語られていた創作技法が本人の手でまとめられており、初出のネタも多い。

 魔少年ビーティーがどのような狙いを持って描かれたか。デビュー作、武装ポーカー(ゴージャス★アイリン―短編集 (集英社文庫―コミック版)収録)の狙い、その時の心情など、興味深いものが語られていく。

 自分も創作物を作る末席のさらに端っこに片足引っ掛けさせてもらっており(でた。月給貰ってるのにクリエイター気取り)常に、どうやって読者、視聴者、プレイヤーの気を引くか(正確には離脱されないか)考えている。
 それ故にこの本は、「自分の見落としに気付く」のに最適だし、そんなことを気にせず、ファンとして読んでも面白い。
 荒木氏自身は、作品以外で語る時にとても言葉を選ぶ作家なので、その言葉の選び方自体が楽しみでもある。

 ちょっと前の筒井康隆の創作の極意と掟のように、自分の好きな作家の創作技法に関わる本というのは読んでいて頷く事しきりだ。
 ああ、やはりそういう意図で描いていたのか。そうだよなぁ。そこまで考えるよなぁ。自分もそう思っていたよ(そう思っていたのはおそらく全ての読者である)。みたいな。
 
 自分の畑はゲームなので、漫画や小説などと比べて小回りが利かない。
 漫画はネーム(下書き)描いてる最中の思いつきを反映させる余地があるが、ゲームにおける仕様変更は影響範囲が大きい。無駄作業を避けるために、知識と引き出しはいくらあっても余分ではないので、この手の本はつい読んでしまう。
 目から鱗の発見が頻繁にあるわけではないが、引き出し整理の再確認としてとても楽しめる。



あわせて読むと面白い>荒木飛呂彦の奇妙なホラー映画論 (集英社新書)

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.