島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のアレコレ
 あれからもう4年である。

■今日のアレコレ
 疲れる疲れる。
 俺が疲れるのは俺の所為なのでそれでよいが。
 人に負荷をかけるのはとても心苦しい。

岡田あーみん
 岡田あーみんは、少女マンガ家である。
 キレッキレのキチガイ系ギャグを良くわからないテンションで飛ばしまくる作風。あーみんの前にあーみんなし、あーみんの後にあーみんなしという、孤高のの才能。
 なるべく多くの人が読めばいいのにと思っている。

スクエニ、新作パズルアクション『ホーリーダンジョン』の事前登録を開始
 遊んでないので中身は知らないが。スクリーンショットをみるとこれはdigdigである。

 真似たかパクったかは、定かではないし遊ばなきゃ解らないので置いておくが。
 digdigは、「ゲームっぽいことをしたいがゲームをしたくない人達」に向けた最適解に近いゲームだと思う。
 ぶっちゃけ、初めてdigdig見たときに(これはパクらなきゃ!)と思った人は多いんじゃないかな。自分もそうだ。
 パクらなくて良かった。スクエニと市場でガチケンカなんかしたくないよ。

 ディグディグは「連続くじ引き」となっている。
 画面をタップすると、タップした場所を掘る。
 その掘られた場所が、アイテムがあったり、爆弾があったり、より大きな空洞で道が開けたり、体力回復だったり、ほれない岩だったりする。
 1タップで1回のくじ引き。それを連続的に行いどこまで掘るか。そういうゲーム。多少のアクション性と、わずかなパズル、攻略性、殆どを占める運と作業感。そして積み上げ要素。
 もっとも近いのは、梱包財のプチプチをプチプチやることだろうか。
 あのプチプチは、たまに上手くプチンとつぶれたり、スカったりとアタリハズレがある。それが中毒性の元になる。
 わずかなあたりハズレと作業感。(作業は中毒性を生む)

 そりゃまーみんな注目するよな。
 あんまり似てたらナニなので。ちゃんとオリジナリティ溢れる内容になっている事を期待する。
 資本のあるところは、やっぱり新しいことで市場を開拓してほしいなという気持ちもある。

2015/03/12(木) 02:33:01| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.