島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
ゲーム製作頓挫中
puzzle03.jpg 趣味の範囲で、unityでパズルゲームを作っている。
(2ヶ月ぐらいででっち上げるつもりでもう半年くった。サボってたからだが。)
 これはゲーム性を確定させないで、適当にソースコードを書き出すという、仕事でやっていては許されない手順で作っている。
 最初は、パズルピースを付属のシェーダー使ってキラキラさせれば、オレ程度のが力でも見栄えがいいんじゃね!?みたいな程度の興味から手を出し、テスト的に画面だけ作って終わるつもりだったのだが、わりととんとん拍子で2週間程度(子供が寝てから数時間x数日)で、大枠が出来てしまい、オレちょっと才能あるんじゃね?とか慢心したわけだ。
 ここまでできたら、とりあえず完成させないともったいないなー。みたいな。

 が、ご存知のとおり、ゲーム製作というのは、初期実験を終えたあたりから、ドブ浚いのようなつまらないコードを大量に書く羽目になり、コードを書きたくない病が発病して現在に至る。
 ついでにシューティング作っていた時と違って、コード書いてて面白いトコとか、絵まわりいじってて面白いトコとか、そういうのがめっちゃ少ない。ツライ。

 そして、全然進まない理由の一番は、やはりゲーム性未定のままコードを書くというのがガンだ。
 書いては捨て、書いては捨てで作っているので、やる気がモリモリ削げていく。
 自分の書いたブログエントリでフラッシュアイデアで現場の士気が下がるとか、製作後半の仕様変更でプロジェクトが頓挫するとか、そういうのが多くあるが。一人でそれを経験している感じ。きっつーい。

 パズルピースの発生の仕方だけでも、

1.上からパラパラ降ってくる
2.下から、ジワジワ上がってくる
3.下から、一定時間ごとにズイッと上がってくる
4.1~3を時間でなくターン制でやる

 みたいな組み合わせを試したわけだが、これそれぞれ使わない場合ゴミコード。
 ドレにも対応するような書き方を最初はしていたのだが、汚くて見てらん無いのでゴンゴン捨てた。
 しかし、思い出したかのように、アレ!?前の奴のほうがよかったんじゃね!?とか言い出して書き直す始末。

 必技、一人ロールバック。しかも手動。最悪だね。

 これは本当に、仕事でやったらありえないレベルの糞企画屋である。

 ただ、こういう手順じゃないと作れないタイプのゲームもあるとは思う。
 パズルなどある程度以上手触りとロジックが絡んだゲームは、紙の上だけで(脳内だけで)仕様を切りきれない。

 だからこそ、企画内容に応じてマージンとったりなんなりをするわけだけど。マージン取ってるとブーブー言う人居るしね。根性論じゃ物理的にクリアできない壁はいくらでもあるんで。オレはバレないように何か違う名目でマージン取っちゃうね。

 とはいえ、個人製作でこんな事やってると、本当にコード書きたくない病が重症になってしまう。
 最後まで書くか、この辺で投げ出すか。どうしたもんか。

2014/10/21(火) 04:34:13| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.