島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
脂麺を作った (脂そば)(そーめん)
そーめんで脂麺を作ってみた。
2014-08.jpg

 予想以上に旨かったのだが、写真能力の低さと、ひどい皿に盛ってしまった事を嘆く。
 以下レシピなど。


材料

 ・そーめん
 (マルタイの棒ラーメンとか使っても、ラーメンぽくていいかも知れぬ)


・チャーシュー(煮豚)
・ネギ(ワケギ)
・鶉のゆで卵
・すりゴマ
・その他お好みで

タレ
・ごま油       大匙1
・醤油        大匙1
・オイスターソース 大匙1
・砂糖        敵量(舐めてみてまぁこんなもんかと思う程度。小さじ1ぐらい)
・ニンニクチューブ 小匙1


作り方
 麺は、パッケージに書いてある通りに茹でて氷水でシメて水気を切る。
 具は食べやすいサイズにカット。
 タレは、タレ用の材料全部混ぜて舐めてみて調整。

 器に、麺と具を盛り付けて、適量のタレをかけて食う。


 予想以上に旨かったので驚いた。多分これはタレがその秘密なのだろう。
 (ググっていろいろ調べたところ、わりと多区出てきたものを調整)

 ちなみに、チャーシュー(煮豚)と鶉のゆで卵は、この方法で作成。
 なんだかんだで、麺茹でたて、野菜切り立て、チャーシュー自家製、タレ混ぜたてなので、おそりゃ美味しいに決まってるわという感じではある。
 しかし、具材は全部既製品でも事足りるし、タレが重要つっても普通にある調味料を混ぜただけだから、手軽な一食としてはかなりイケてんじゃ無かろうか。
 予想外にオススメ。

 というかだ。
 脂麺屋とかあるじゃん。専門店とか。
 これめちゃくちゃ簡単で原価率低いわというのが解った。いわゆるラーメン屋だと、スープのコストがとても高いわけだが、これ、市販の調味料x5で完成じゃん。
 あんまり簡単なもんだから、味に期待していなかったら、フツーに脂麺屋みたいな味してるんでやんの;;

 あとは具を凝るか、手を抜くかの差じゃねーかといった感じ。

 期待できる具としては、メンマ、砕きピーナツ、モヤシ、ネギ増量といったあたりか。
 肉は、茹で鳥、湯で豚でもイケるとおもう。

 ではそんな感じで、クソ熱い夏におきらく麺類ライフの1選択肢としてー。


写真追加。
aburasoba01.jpgタレを下に敷く感じにしてみた。この麺は冷し中華用。
いい皿使わないと写真栄えが悪い;


aburasoba03.jpgチャーシューの仕込み①
 フライパンにごま油で豚のカタマリ肉(どこでも)を表面を焼いて煮崩れしなくする。
 焼いたら、別の鍋で全体に湯がかぶる量でショウガ(チューブ可)を入れて1時間茹でる。
沸騰手前を維持する感じ。

aburasoba02.jpgチャーシューの仕込み②
 チャーシュータレにつけて1日置く。基本は醤油、調理酒、みりんの1:1:1。甘みがほしければ砂糖や蜂蜜。
 味が濃すぎるようなら水で割る。
 さっき使ったフライパンで煮切る(沸騰させてアルコールを飛ばす)
 さっきのフライパンを使うのはり洗物を増やさない為。
 ジップロック系のビニールバックはほんとこの手のツケ置きがラクになった。
 ニワトリの卵や、ウズラのタマゴも一緒につける。面倒なし。

 チャーシューわざわざ作るのが面倒なら、市販のものや、ペラい豚肉のゆで豚で良いと思う。
 脂麺は、基本タレで麺を食う料理で、それ以外は全部オマケだから。

2014/08/10(日) 18:03:25| 固定リンク|| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.