島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
ゲームを作ろう 挫折回避の方法はあるか。
俺のゲームの作り方の手順(趣味版)

①自分の技術で出来そうなネタを考える。
②とりあえず作り出す。
③コア部分が出来たあたりで飽きる。
④飽きて悶々とする期間を乗り越えたら完成。乗り越えれなければ失敗。


大体こんな感じ。
①自分の技術で出来そうなネタを考える。
 これはまぁ仕方が無い。自分に出来ないようなものを考えても作れないからな。
 そういうのは、それをやれる人と組めた時に考えよう。
 あと仕事にとっておけ。

②とりあえず作り出す。
 ゲームはああだこうだ考えてる時が一番楽しいが、考えているだけでは完成しない。
 完成していないゲームはゲームではないが、組んでもいないソースコードはプログラムですらない。
 アイデアだけなら、通りすがりのオバちゃんだって出せる。夢を語るだけなら俺にもできる。
 なんでもいいから着手しようぜ。

③コア部分が出来たあたりで飽きる。
 コレほんとうにいかんともしがたい。
 最初の着手は技術的検証とか、表示テストとかそこそこやりがいがあるなり面白いなり、モチベーションが保てるのだが。
 ある程度完成してくると、面倒くさい、つまらない、ドブ浚いのようなタスクばかりになってくる。
 正直自分も、ここで挫折したゲームが人生において両手では足りない。

④飽きて悶々とする期間を乗り越えたら完成。乗り越えれなければ失敗。
 実際のところ、最後まで作りきるのは面倒くさい。
 初期に思いついた脳内のゲームはありえないぐらい面白いものだったはずが、現実とぶつかりいろいろと問題も見つかり、回避策を考え、こまかく軌道修正していくと、よくてソコソコ、普通はクソゲーになる。

「あ。これはオレが最初に思ったものほど面白いゲームにならないな」

 こう感じたままゲームを作るのはつらい。ほんとうにツライ。
 集団作業の場合、人の所為にして自分の心の傷を癒すという卑怯な技があるが、個人で全部やってる場合は全て自分の所為だ。
 仕事だったら、食うためには完成させねばならないが、趣味だと誰も札びらで頬を叩いてくれない。

「このまま苦労してクソゲーを作るよりは、ここであきらめたほうがいいんじゃないか」
 こういう思いがチラつく。
 一番タチが悪いのは「別のゲームを作りたくなる」だ。

「これはあきらめて、新しく別のゲームが作りたい」

 なにしろ、脳内にしかないゲームは、悪いところに気づいていない。
 ある程度完成したゲームに比べて、間違いなく面白そうに見える。(ダメな所に気付いてないから)

 それをガマンして最後まで完成させないと得れないスキルがある。
 実際何本も挫折している自分がいうのもなんだが、やはりゲームは完成させてナンボだ。 

 クソゲーでも微妙でも、完成しなかったゲームにくらべれば、全然良い。

 どんな天才でも、スペシャリストでも、100発100中作ったゲームが全部面白いってことはない。ヒットが出るように何回も空振りを繰り返さないといけない。
 クソゲーでもいい。とにかく完成させよう。

 そういう風に自分に言い聞かせるわけだ。

 ここら辺がオレにとっての挫折回避のポイント。

 素人時代は10本ぐらい。プロになってからの趣味では、3本ぐらいしか完成まで作っていないが。
 挫折したのはその3倍以上あるし;

 結局頼れるのは自分だけなので、自分を自分でなだめすかしてうまくケツに火をつける感じで。

 俺以外の人が、どうやって自分のケツに火をつけているのとか是非知りたいので。
 是非教えてください。

 美少女に耳元でささやいてもらえるとかさ。

2014/07/04(金) 23:23:37| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.