島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
俺の中の去年の10大ゲーム関係話 その2
 くどいようだけど、あくまで「俺の中の」話なので世間様とのズレはこの際気にしない方向で。
 ちなみにその1はこちら
・北斗の拳(アーケード2D格闘ゲーム)の構成
 10大ゲーム話にこれを入れるのは、オレぐらいのものです。すみません。
 モノは普通の2D格ゲーで、バランスとか練りこみ、システムはフツー。しかしキャラゲーとして作りこまれている。
 例としては、北斗の三男「ジャギ」の必殺技の事を書けば解ってもらえると思う。

 入力はレバーを前から下を通して後ろに半回転+Cボタン。
 相手を掴み「俺の名を言ってみろ」と聞く。
 この時、対戦相手には「シャギ」とか「シャチ」とか紛らわしい選択枝が表示される。
 制限時間に答えられないか、間違えると大ダメージ。
 そこで追加入力で、レバーを下から前に1/4回転+Aボタン。
「もういちど言って見ろ!」

 初めて見た時は噴いた。
 わりと一事が万事この調子。
 原作を知ってると解ると思うけど、レイの「飛翔白麗」をマミヤに当てると全裸にひん剥くし、ユダに当てると…アレ。

 キャラゲーとして物凄く正しい。反論の余地無く正しい。素敵。


・ネットゲームがそろそろ勝負時
 ネットゲームの市場争奪戦の、最初の幕は下りたかな、という印象。
 ウルティマONLINE(UO)から始まる、ワールドシミュレーター系(月額課金システムの)は、ビジネスモデルとして破綻したと思ってる人が多いと思う。自分もある意味そう思ってる。

 これはUOの最初の料金設定が間違っていた為(手塚治虫のアニメのダンピングに近いか?)必然的に発生した破綻。かつてコアゲーマーは月に数本(3万円前後)のゲームを買っていたのに、ネットゲームでは2千円前後でそれ以上の時間を拘束される。
 そんな長時間遊ばれても、新鮮味を失わないゲームなど有り得はしないから、運営会社は常に不満をぶつけられつつ新たなクエストを作成しつづける事になる。はした金で。
 結果、少しの改変で長時間持つゲームバランスにする為に、ありえぬ難易度のクエスト、超低確率のドロップアイテムが、日常となり、楽しむ為のゲームが苦役となっていく。

 結局、単純なパラメータアップ&レアアイテム争奪+コミュニケーションシステムのゲームが、解り易さと保守の安さから生き残ってきた。
 ユーザーにも開発者にも、全くメリットの無い状況が続いている。メーカーの一部は幸せそうだけどね。

 そして第ニ幕開演。

 アイテム課金や、アバター系、ポータル混合系。あと、アレとソレ。まだまだチーズは残ってる模様。
 だいたいコンシュマゲーマーをまだ取り込みきれて居ないし、ネット接続環境があってネットゲームをしてない人数は莫大。やりようは無いわけじゃない。


・ゲームポット上場
 「スカッとゴルフ パンヤ」で莫大な収益をあげて、㈱ゲームポットが、上場しまして。
 これのどこがスゲェかというと、まず、パンヤ自体はゲームとしてそれほどコストがかかってない。次に、アイテム課金周りの異常な練りこみ。そして並み居るMMORPGを押しのけて、とんでもない利益ベース。
 まったく、韓国も隅に置けない。たいしたもんです。

 これは、ゲーム性なんかよりも、コミュニティとキャラが重要であり、長時間遊ばず、短時間でもお金を出すよっていうユーザーの存在を浮き彫りにしたカタチ。
 ある種の日本のゲームに向けて「オマエラまだ、そんなの作ってんの?」っていう問いかけ。
 自分には任天堂の少しゲームの軸をずらしてきた戦略商品(DSトレーニング、nintendogs、どうぶつの森等)と同等か、それ以上の衝撃。
 「パンヤ」はゲームの土俵に足突っ込んだフリして、全然違う収益構造をもってきてやがるわけで。
 勿論、誰もが「この手」があると思ってたけど、かっちり成功させてきた事例として。

 「純粋に商売としてゲームを見る事」の重要さを忘れてるバカ会社は、己を振り返ってみるといいぜ。
 ユーザーにとってもヘンな理想振り回されるよりよっぽど有益だから。(注:パンヤを褒めてるんじゃなくて、ユーザーを見ないで、へんな理想を振り回してるバカ会社を貶してる)


 あああ、長いので今回はここまでで。
 続きはこちら

2006/01/14(土) 00:43:01| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:1 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
◆アーケード北斗の拳は熱かった!?これはファンには嬉しい仕様ですね? キャラゲーは、こうでないと 管理人も北斗の拳は好きでした ◆ToHeart2 XRATED 修正ファイル公開 結構ハイスペックを要求されてましたからね・・・ 処理が重たいと思う方はアップデートしてみては?
2006/01/15(日) 00:23:03 | フィギュアニまにあ。
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.