島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のぐったり
 頭痛、喉痛、鼻づまりが続く。
 鼻がつまると、のうに空気が行かない化のような、思考にモヤがかかったような感触となりかなりツラい。
 こういうのが寝ただけでは直らないところに老いを感じる。

3月のライオン 9
 届いたので読んだ。
 8巻の時点で、主人公が抱える問題というのは主人公が問題として抱えているだけで、周囲は最初から彼を認め居場所がある、という事に本人が気づく所まで描かれている。
 彼自身の過去も次女の問題を解決する過程で解決された。
 これもう問題って姉周りしか残ってないし、姉周りも「そんなもんだ」と思えば問題ではないので。
 別に名人を倒すような物語でもないだろうから。
 話はいつ終わっても問題ないところまで来ちゃった、という風に見える。
 この漫画はちょっとモノローグが多くて、漫画としての見せ方としてはすっきりせず、話の構造としては「勝負(将棋)」「成長(人間性)」「息抜き(食べ物ネタ)」を交互に織り交ぜてるよくあるパターンなのだが、キャラクター造型の上手さとヒキの強さで、それでも面白く読ませるという、豪腕な漫画になっている。
 使い捨てキャラをそれぞれちゃんと掘り下げてから使い捨てていくので、使い捨てっぽい人が出た時の「あ、使い捨てのパターンか」と感じる事も多いので、良し悪しだが。

ジョジョリオン 5
 荒木飛呂彦得意の、キャラ立てだけで放置の設定だと思っていた「隙っ歯」「キンタマ4コ」が伏線として回収されるという意外さがあったので、ちょっとだけ興味を持続した。
 んでも、まだ出ぬ吉良良影の異常性とかあのへんは、キャラ立て放置なんだろうなという気がする;

2013/09/29(日) 10:36:52| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.