島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
ゲームの言語化にこだわるわけ。
 ゲームを語るにあたって、趣味で語る分にはそれ自体が楽しみでよいので何だって良いが、仕事でやるなら同じところをグルグル語るのがは時間のロスだから、言語化、細分化しておきたい。
 毎回ゼロから一発勝負はバクチとして割が悪すぎる。

 ゲームを考えるにあたって、「フレーバー(雰囲気、キャラ、世界観、シナリオ)」「システム(ゲームルール、プログラム的システム)」「ボリューム(物量)」に分けて考えるのも、「どれの話かによって、それぞれ対処と解決方法が違う」からで、これ混同したままだと同じところの話を何度もすることになってしまう。


 狭義のゲーム性を例に出すことがあるのも、焦点を絞ることによって解決が簡単になる事があるから。


 難しいとか簡単とかマニアックとかカジュアルとかは「針の振り加減の問題」でしかなくて、ド糞マニアックなシステムを導入しても、それをカジュアルに表現することは出来るし、ゲーム内での効果によって簡単にも出来る。バランスの問題でしかない。

 どうぶつしょうぎを例に取るまでも無く、そういうのはコントロール出来る。


 ゲームをどうすれば面白くなるかとか、売れるかとかを考えるのだって、判定者によってブレる軸での議論は無駄になる。
 だからブレないところまでブレイクダウンをする必要があって、それをしないであーだこーだ言っても解決しない。

 また、ゲーム捕まえてクオリティが低いから高くしろってのは、意味が無い指摘で、「どこのクオリティがどのように低いから、このように改善しろ」であるべきで、その改善が成されたか否かは、誰が見ても分かるところまではブレイクダウンすべき。ふわっとした指示は基本的に誰も幸せにしない。
 
 バグが多いのが問題ならバグリストを作って優先順位を振り、必要なものをつぶしたら良しとする。
 ゲームがつまらないなら、どこがつまらないかを明確にし、そこにどのような改変を加えるかを決める。
 グラフィッククオリティが低いならどこのクオリティが低いのか(頂点数か、テクスチャ密度か、そもそも画力か)を明確にし、そこの改善の指示をする。

 ふわっとした指示はふわっとした結果しか生まないし、ふわっとした議論は結論が出たようでも出てない。

 とにかく「無駄を少なくゴールにたどり着くためには」「設問を明確にすべきで」そこにあいまいな要素を混ぜない。感覚的な要素を混ぜない。
 そういうものは、実行、判断できる規模にブレイクダウンする。

 これは、指令者のみの問題でなく、指令を受ける側も同様。
「客観的な判断が出来る設問になるまでブレイクダウンする」
 を誰かがやらなくてはならなくて、これが出来るかどうかで「バクチの勝ち率」が変わるのではないかと思っている。
 最後は所詮バクチなので、ふわっとしたいい加減な指示でうまくいくこともあるだろう。
 しかし、それはやはりマグレ当たりでしかなく、ロジックで積み上げられていないと2匹目のドジョウを捕まえられない。

 昔から、ヒットしたゲームの2作目、3作目で、コアメンバーが変わったためゲームがクソゲーになる事があるが、これはそのゲームとは何かという「ロジック」が失われているからだ。

 しかし、ネームバリューで2作目3作目は売れる。ユーザーは面白くないなと感じながら買ったりする。
 経営陣からは「ロジックを持っていた製作者」の重要性が見えない。そういった成功のラグというのはわりと数年単位である。

 ゲームの言語化、ロジック化がある程度以上キッチリと為されれば、成功に寄せていくことが出来るし、ふわっとした指示による無駄な疲弊を避けられる。議論の堂々巡りも減らせる。

 なんとなくで指示を出し批判をしたいという人以外にはトクばかりだ。

 以上が、ゲームの言語化、ロジック化に自分が比較的こだわる理由。

 本来は自分等でなくて権威のあるゲームデザイナーが語って共通言語化して欲しいが。
 したいのは定義の議論ではなく、定義を使ってラクにロジックをツメたいのだ。


 これは「ゲームに対する理解の解像度の問題」でもある。
 解像度が低いままでは出来ない議論がある。
 別に俺の理解の解像度が高いと言いたいのではなく、ある部分に関しては俺の解像度は細かい、ある部分に関しては他の人が細かい、ならばロジック化、文章化が進めばみんなトクでしょう。という話。
 カンカク指示を嫌う自分にとってはとてもオトク。
 ゲームは体験なので、カンカク的な物言いが猛威を振るうが、だからこそロジックの重要性は折に振れ指摘したい。



(twitterでいい加減にボソボソつぶやいたのを適当にまとめましたが、話題が3個ぐらい混じってますね;)

2013/06/19(水) 08:29:00| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.