島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
開発チームがミーティングを嫌う理由
 貴方は『開発チームがミーティングを嫌う理由』が何か知ってますか?
 賢明な皆さんはもうご存知でしょう。

 そんなもん『仕事が増えるから』に決まってます。


 例にゲーム開発を考えてみましょうか。(俺ゲーム屋だから)

 世の中には会議をすると仕事が進む職種と仕事が増える職種があります。
 開発は後者です。

 ゲームを作っているとして、作りかけのゲームを挟んで会議したとします。

「この辺、操作性悪いよね」
「ここのUIが解り難いよね」
「ここバランス不味いよね」

 偉い人は、こういうのを言うだけで、指示になります。
 開発は1コ聞く度に仕事が増えます。

 ぶっちゃけ現場でいじってる人間は突っ込まれる前に解っていて、今後のスケジュールで対応する予定だったりします。

 しかし、『作りかけの物から完成品を想像する能力が足りない人』が、間違ったツッコミをしてソレがエライ人だったりすると、スケジュール的に無理をしてでも突っ込まないといけない(しかも入れることによって他に悪影響が出て余計にスケジュールが伸びる)という事態が発生します。
 タチが悪い時には、AさんとBさんが真逆のことを言っていて、そんなものを実装したらワケわからんぞ、という場合もあります。もちろん本人たちは気づいていません。

 開発現場は四六時中作っているものの事を考えているが、偉い人は会議の時しか見ないから理解度において開発チームを超えることは無いので仕方ありません。

 だからそういう事態が発生することがママあるわけです。

 あるのだ。

 そりゃ開発チームはミーティングを嫌いますね。

 そしてこの解決方法を教えてくれた人が居る。

「わっかりましたー!なんとかするようにガンバってみます!」
 って言うだけ言って何もしなければいいんだヨ!言った人は覚えてナイヨ!

 マジか。




 実際はエライ人だってちゃんとプロジェクトが進んでいるかチェックすべきだし、回収できないようなゲーム作ってたら軌道修正しないといけない。

 現場だって能力ある人ばかりとは限らない。
 まぁ解りやすいアングルで書くとこんな感じ、って事で。


2013/06/18(火) 01:43:34| 固定リンク|仕事| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.