島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
日本の労働環境を腐す言説とか。
 twtterでボソボソ呟いたがまとめる。

 昔、社畜とかの言葉を使って日本の就労環境を非難するような文章が大量にあった。
 どうにも好きになれなかったのは何一つ救いがなかったからだ。
 海外の就労が救いであるならそうするには何が必要でどうすればいいか。

 例えばどういう技能をつけてどういうビザでドレぐらいの予算と語学でどういう国にいけばいいとか。

 そういった事を具体的に語れば良いのだがそれをせず現状を腐しているだけだった。


「お前たちの現状は酷い。俺はそんな現状から脱出した。脱出方法は教えない。お前たちの現状は酷い。お前たちの現状は酷い。お前たちの現状は酷い。脱出しろ。脱出方法は教えない。お前たちの現状は酷い」

 という文章構成に見えてしまった。実際の意図はどうか知らぬが。

俺は歳を食った分、日本の労働環境がそんなに糞じゃないことも知ってるし、ようはヤリクチだというのも分かっている。海外脱出が唯一の答えでないのも知ってる。だからアジテーションにはノらないが。まぁ乗っちゃう人も要るだろうし、若くて行き詰ったとき引っかかる人も居るだろう。
 自分探し(笑)を煽った人やそれに乗っちゃった人と変らない。

「悪いのは君じゃない環境のほうだ」というのはカルトの常套句だ。

 甘言を弄し人心に付け入り、偽の救いをチラつかせる。「海外で働けば日本人は優秀だ」というのは「オタクイズビューティフル」みたいなもので偽の救いにしか感じない。

 ただ、俺は個人の主張自体を非難する気は無い。それは自由だ。情報商材売りのような事をしてるんじゃないなら責めるところもない。あとは受け手の問題でも有る。
 アフィの為にアジるというのは情報商材寄りだと思っているが。

 若い人達に言っておきたいのは

「人のアジテーションに乗せられて損するのはやめておけ。自分で考えたほうが良い。自分で考えたと思って他人の言葉に乗せられている状況というのはある。まずネットなんかより自分の身近な人と話してみろ。」

 的な話で。損得なしで顔も見たことの無い人に誰も親身にはなってくれない。

 世の中色々な人が、人の無知を利用しようと寄ってくる。
 見ず知らずの人というのは警戒するのが普通だ。

 最初からニコヤカに、味方ですよと近づいてくるようなのは、「こちらを警戒していない時点で」怪しいと感じていい。
 ようするに騙しに来てるのね。

 まーそんな、どうでもいい話。



2013/05/10(金) 08:30:25| 固定リンク|web| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.