島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
νガンダムカッコイイと思た。
MG νガンダム Ver.Ka 製作記.6.5
 webをブラブラしていて見つけた、惚れ惚れするような、できのよいνガンダム(MG 1/100 RX-93 vガンダム Ver.Ka)の作例。思わず2度見した。

 ユニコーン的解釈を含んだVerKAをその解釈をなかったことにして、徹底的な表面処理、装甲を薄くする工作、シルエットの改変が、丁寧に施されている。
 この情報量、この丁寧さで、左右対称で、このサイズのものを作るとか気が遠くなる。凄い。
 装甲薄化工作と、エッジ工作により、巨大感を獲得しており、写真に納まった時の見栄えがとんでもない。
 シルエットの改変も、腰の延長とヘソ付近の解釈の変更によって、上下にツマッた感じを廃していて(設定画は上下にツマってるんだけど、劇中は非常に人間的なシルエットなので、印象として劇中に近い)見栄えがいい。太ももを細くしたのも、大人のガンダム的なシルエットであるνガンダムらしさを増している。
 いやほんと、凄いなー。センスと丁寧な工作の掛け算はなんかえらいことになる。

 もともと巨人的シルエット(設定画もアオリが多い)であった1stガンダムに対して、Zガンダムや、ZZガンダムは子供っぽかった(頭が大きい、目の位置が低い、手のひらサイズを意識して設定画が書かれている、そもそも煽りの絵が少ない)んだけど、νガンダムは一転大人っぽいシルエットであり先祖がえりして洗練されていて、それをモデルとして解釈しなおす際に「アムロ用1オフだから」的な、徹底的に細かい装甲分割+薄化を加えて神経質なまでにピーキーなマシンの印象を引き出してる。
 やー。かっちょええす。

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.