島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
遠隔操作ウイルス事件の恐ろしさ
明確に解ったこととして。

1.警察の捜査は杜撰である。
2.警察は調書を捏造する。
3.警察は捜査情報を世論誘導や報復の為にリークする。
4.警察は自白強要の責任は絶対取らない。
5.警察は冤罪を生みまくった反省しない。


 非常に恐ろしい。何をいまさらではあるが字にしてみると救いがない。
 今回、犯人が愉快的ネタバラシをしたため、冤罪が証明された人がいた事はラッキーであったが、これが最初から悪意による実利を求めた犯人ならば逃れる術は無かった。

 そして、今回の容疑者が真犯人でない可能性を一切考えない、報復とも思えるようなリークと報道は、ゾっとする。

 痴漢冤罪もそうだが、日本の司法って「とっとと罪を認めれば処罰は軽くしてやる」式の、冤罪を生む仕組みなので。
 余りにも、俺達は守られない。
 善良な市民が簡単に前科持ちになる仕組みだ。

 ここに声をあげる必要はあるだろう。

関連:
日本の逮捕があまりにもヒドイ件

2013/02/16(土) 06:32:58| 固定リンク|生活| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.