島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
良い教本というのはどういうのだろう
 最近趣味でJavaScriptを弄っており、Cの延長としてはいじれるのだけど、オブジェクト指向も理屈は解るのだけど、体感的にどうにも駄目で、クラスだのオブジェクトだのメソッドだの、解った気になってるだけで大変よろしくない。

 あんまり良い教本が見つからないのも困っている。
 会社のPGに仕事中に聞くのも気が引ける。(自分は趣味でやってるだけで、仕事関係ないから)

 クラスの説明に「人間クラスは、腕が2本足が2本として」とかね。
「抽象的な説明は理解が終わった人向けか、何となくわかった気になる用なので、最初に読んでも役に立たない」
 解っている人の説明が解っていない人に伝わりにくいのは
「解らない人が何が解らないか解っていないから」
なんだけど、自分が学ぶ側の時はこの辺がとても気になる。
 今は俺が解ってない人なのでこの言説に強気だ。(酷い)

 こういうのはこう教えてくれというのを勝手に書くと。

①サンプルソース
 ⇒まず動作するものを見せる。
②これはこういう考え方だ。
 ⇒理屈の説明
③なぜなら、ほら便利だろう。
 ⇒そのやり方を採用する理由

 こんな感じか。
 自分の頭が悪いのを棚にあげて書くと、オブジェクト指向関係の説明は「なぜならほら便利だろう」が足りない。(あくまでも俺にとっては)
「人間クラスは腕が2本で」みたいなわけのわからん説明は要らぬ。
「プレイヤークラス作ってこうやって管理しておけば、ソースすっきりするだろ」
「エネミークラス作ってこうやって管理しておけば、便利だろ」
 みたいなのが欲しい。それもなるべくシンプルなサンプルで。
 Cで書いたらこうだが、javascriptならこんなに簡単にかけるぜ!みたいなのがあると尚嬉しい。これはC使いじゃない人には無用なので別の話だが。

 昔、すがやみつるが書いたパソコン学習漫画「こんにちはマイコン」というのがあって、自分はこれでBASICを学んだクチなのだけど「ROMとは」「RAMとは」から話が始まっている。
 いやさー、そんなの不要だろうと今の自分は思うかもしれないが、当時は読み物として面白かったし、こういうベースになる知識があって初めて「ああだからこう動くのね」と理解が合致する瞬間がある。
 あとまぁ、あれはちゃんと読むと、スカッシュ(一人テニス)のプログラムが1本作れるように出来ていて、それは物凄く簡単なプログラムなんだけど、「キー入力でラケットを動かす」「ボールが動く」「カベとの当たり判定」とゲーム作るにあたって必要な殆どが入ってた。
 他に必要なのは「動くもの同士のコリジョンの取り方」「同時に複数動かす効率的なやり方」ぐらいだったと思う。(自分がそこで躓いた)


 わざと話がズレたけども。

 そんなわけで、C++やら、C#やら、javascriptやら用のこんにちはマイコンがあったら俺が買うので誰か描いてください。
 むしろ、漫画は俺が書くから誰か原作やってくださいなレベル。
 俺が理解できなかったら原作者の負けって感じで。(酷い)

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.