島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のへっぽこ太郎
 子供寝かしつけてから、enchant.jsで遊んだり。
 Javascriptになれてない自分は、enchant.jsとunityを往復して遊んでるのは理解を助ける事になってそう。
 しかし、まとまった時間が取れないので困る。
 あーもう明日から仕事か。

■なぜか、ジェンダーっぽい文章がやたら目に付いた日だったのでクリップしておく。

女性の悩みに答えられると思うな
 古い記事だが目に付いたので。
 遙洋子なので無理やり男女の違いに話を持っていっており違和感を感じるが、わりと興味深い事を書いているのでちょっとブツ切れで引用する。

 「私、実はもう29歳なんです。30歳になろうかというのにいまだ仕事をどうするのか、結婚はできるのか、回りを見たら同世代はちゃっちゃと子供を産んでいるのに、自分はというとその覚悟もないし、なにひとつ決断できないままこの年になってしまって。これから先を思うと、不安で不安でたまらないんです。私はいったい今、何を頑張ればいいんでしょう」
<中略>
その女性の話を聞いていた同席する30代男性が助言した。
 「仕事も結婚も、両方がんばれば?」と微笑みながら。

 この男性も大概なわら人形なのであれだが。

 ここで、正解として筆者が出してくる回答が以下である。

 相談者には付き合っている男性がおり仕事もしているので、恋愛をつづけ、仕事も続ければよいと。

 「そして、その間にご縁があれば結婚すればいいし、出産もすればいい。でももしご縁がなければ、35歳頃から、シングルマザーになるほど自分が子供がほしいかどうかを、自分に問うことね。今はまだ同世代が可愛い可愛いと子育てしているから羨ましい光景だろうけど、その後の子育ての厳しい現実を見て、それでもほしいと思えば、30代後半は出産年齢ギリギリとして排卵日に精子をくれる男友達を持っておくこと。もう恋人なんて言っている時間がない。それは30代前半の準備ね」


 これはこれで具体的なだけで「仕事も結婚も、両方がんばれば?」と同じ事を言っている。
 正直、ソレが出来るぐらいなら悩んでないと思うし。

 そのほかにもグダグダ思ったが、この問いに対する正解はない。
 結婚なんかは相手があっての事だから余計に。

日本の不景気は女性差別が原因だ その1

既婚女性や子持ち女性が面接を受ける時には「子供が生まれたらどうするの?」とか「子供が風邪を引いたらどうするのか?」と必ず聞かれる。既婚男性や子持ち男性はそんなことを聞かれないにもかかわらずだ。


 いやさ。
 逆に言うと、既婚男性は「子供が生まれたり風邪引いたりしたぐらいでは仕事に影響を出してはいけない」というのが不文律になってる。
 また、女性すべてが専業主婦にならず働きたいと思っている訳ではない。
 専業主婦になりたいと思っている人が、それを許されないなら、それはそれで差別だろう。

 個人的には働く云々以前に、妊娠期間~小学校中学年までの子を持つ親に対する補助がまったく足りてない。
 そして、ソレを企業に求めるのは違うと感じている。すでに企業に入っていない人間の方が多いんだから。

企業であっても、現在のような女性管理職の割合が1割未満しか居ないという事は、社員の数が男女半々ならば、本来昇進すべきでない無能な男性が4割以上も管理職についていて、昇進すべき有能な女性が4割以上も昇進していないという事なのだから、企業活動にとってプラスになるわけもない。

 こういう企業前提の思考では実際の出産問題を抱える男女の実像とはかけ離れてしまう。

■コンプガチャ規制話
 消費者保護の観点から必要でしょう。
 月額上限金額とかその辺はなんとかしていこうという姿勢は見えてたけどね。
 AKB商法やTCGはコアに金落としてる層が少ない事から、問題が表面化しにくいのだけど、携帯ソーシャルゲームというのはそれだけ目立つという事で。
 公営ギャンブルやパチンコも、消費者保護して欲しいもんですが。

カムイの剣

 ぐぐるとyoutubeの天海とのラストバトルが一番にくるのね。
 でもあのバトルはソレまでの色々なバトルを見た後だからグっとくるわけで。
 カムイの剣のかっこよさはトレーラーのほうがよく出てると思う。
 個人的には松前三人衆の意味不明バトルと、お雪の幻術、「天にも地にも俺が頼りとするのはお前だけだ。もはや退路はない」直後の「カムイ無拍子」開眼までのバトルとかが、印象的で好きだ。
 というか、忍者バトル者の表現としてはいろいろとカッコイイ事をやりまくっていてほんと惚れる。
 ちなみに原作も面白い。
 大きい物語がうねる中で、手駒に過ぎなかった主人公が大きな転機になっていくというのは、時代冒険小説として王道直球過ぎてグっとくる。

2012/05/07(月) 02:43:38| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.