島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のあれこれ
 懐かしい顔にあったり、子供つれてトイザラスと本屋めぐったり、つかれて寝たり。

HTML5とJavaScriptでスマートフォンゲーム作成! ゼロからはじめるenchant.js入門【公式ガイド】
 増刷はいつでるんだー!!と騒いでいたら頂きました。ありがとうございます。
 とりあえずゆるゆると勉強して遊ぶ予定。
 ぶっちゃけ子供が傍らに居る状態でunity関係は無理。
 一連の構造はなんとなくわかって、あとはまー日本語のコマンド&予約言語一覧でもあればどうにかなる感じではあるんだが、自分がその機能を利用してやりたいこととなると遠すぎる。
 まず近めのゴール設定して、へらへら遊ぼうと思った。
 その意味でenchant.jsはかなりゆるいところにゴールを設定できるので楽しそう。
 それにしても、集中できる環境とは程遠いんだけども。

中国嫁日記 (二)
 手堅いなーと思うのですよ。
 普通はテレがあって書けないわけですよ。
 その上で、たとえば家庭不和とかの可能性を感じたらこれも書けないわけですよ。
 私生活をネタにしてしまった以上、その後何か予定外のことがあってもネタの延長にならざるを得ないのですよ。
 このあたりが、売れるプロの凄さだなと感じますわ。

「こんなんで原稿を書けなくなるのかと思うと許せなかった」 作家/被災者 冲方丁<インタビュー「3.11」第10回>

国民1人1人のレベルで、補償待ちの人が多すぎます。福島市にある僕の家の近所に限って言えば、仮設住宅に住んでいる人たちからしてみると、「いつ戻れるの?」「いつ仕事に復帰できるの?」ってずっと待っているんですよ。誰かが「ダメです、戻れません!」と言わないといけないんじゃないかなって思います。「国の力を持ってしても、2年以内に除染とか不可能です」「被災前の財産をそっくりそのまま補償することは不可能だ」とか。

 これを誰が言い出すかという話で、真実を語れない政府は信用に値しないなとずっと感じている。
 無理な希望よりも、少しでもマシな現実に向かって多くの人が踏み出せるのが望ましい。
 皆わかっては居るんだろう。しかし。

2012/03/12(月) 00:34:22| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.