島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のアレコレ
自分がほぼ毎日blogを更新してるのは、排泄物と一緒で更新しないと気持ち悪いから。
忙しいからと言って、トイレやフロなしでは生きて行けないじゃん。

東野圭吾さんらの提訴に関する津田さん、おかざき真里さん、大原ケイさん、赤木智弘さんの呟きまとめ。
 これに関してはポジショントークでしかない。

 もともと得れていた利益が、何者かによってケズられているなら、それに対して行動を起こすのは自然だ。
 会社だったら放置してたら出資者に怒られる。

 自分のこの手の事象に対する考え方はいつも同じで「権利者が嫌がることはしない」となる。
 んで、権利者かどうかがこの場合問題なわけだけど、法律が出来た時には自炊なんてなかったからね。

 自炊は自分で買った本のデジタル化だからいいじゃないというのはまさにそのとおりだけど、実際は裁断後の本がオークションなどで取引されているわけで。すると私的複製の枠を超えるかもしれない。

 訴えてるヒマがあったら電子書籍出せってのも、それとこれとは別の話でしかない。

 戦略としては、訴えることによりほんの少しでも抑止力を働かせて、その間に体勢を立て直すというのもありだろう。

 個人的には電子書籍のフォーマット(課金含む)を共通化してバンバン電子化してくれよと思うが、権利者がどの道を選ぶかは権利者の自由。
「世の中こうなってきてるんだら合わせろ」ってのは、得してる側から損してる側に言うにはずいぶんな議論。
 ちゃっかり宣伝してる人もいるし。
 そりゃもーポジショントークだからしょうがない。

 ただ「俺のポジションはこうです。」ならいいんだけど「お前のポジションはこうあるべきだ。」はないなーと。
 これはtwitterで聞いた言い方だけど「あなたの作品をipodで読みたい」と言った方が響くとか。

ジョジョリオン
 届いた。
 何が凄いかと言って、これほど「俺の作品は面白い。読者はついてくる」と自信に満ち溢れた1巻はそうはない。
 1巻において、判明していることはほぼなし。主人公の素性すら不明。
 気を引くがジェットやエピソードは散りばめられているが、これが新人作家だったりしたらこれほどの効果は発揮していないだろう。
 逆に荒木飛呂彦だから、これだけ気を持たせた展開してもいつものアレだろ?と読まれてしまう部分もある。
 これ、今後に期待して良いのか?するけど。

 全裸で登場するすきっ歯主人公。風呂場で全裸の女性、と割りとアダルトOK方向に振っていて、いつもの荒木飛呂彦からみるとアダルトなムードに持っていこうとしている感じ。
 絵柄的にはスティールボールラン以降の、リアルよりの顔表現+記号的な首から下、という最近の絵。読みやすい。

安彦良和さんの描画風景

 これもtwitterで教えてもらったものですが。
 xyプロッタのように、アタリなしで一発書きですよ。恐ろしい。
 流石、馬を一発でかける男。

2011/12/23(金) 09:33:04| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.