島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
凄いゲームを作る事の魅力
最近のスゴイゲームはスゴイね。(この話まともにまとめず終わる)





■最近の凄いゲーム
 30億以上かかってそうなアレやコレ。ソレとか。
 もうそもそも仕様書を書いてその通りに作ってるという感じがしない。
 おそらくエンジン基部にぶら下がる感じで小さく分けたチームで担当箇所の練度を上げて行く感じで作ってるんじゃないだろうか。全体を見渡してたらこの密度は達成できない。全体を見る人は細部を見ない。細部をやる人は全体を見ない。そうでなければこの密度は達成できまい。
 これはもう物凄い予算と人員が無いと無理。口から泡噴いちゃう。

 あの辺のゲームを見た後に国産ゲーム見るとほっとする(ほっとしてちゃ駄目だ)。国産ゲームはこういう手順で作ったんだろうなというのが容易に予想がつく。
 極単純にかけてるコストによる部分が大きい。

 ただ遊ぶ時にはほっとするようなゲームの方が遊びやすいというのもあって、どの作り方が良いとは言い切り難い。というかどれでも良いのだろう。
 もっとも遊びやすいゲームが携帯ソーシャルだったりするしさ。

■ある種の仕事には視野狭窄が必要で。

 今でもヒヨコの雄雌仕分けが手動なのかどうかは自分は知らないのだけど。
 ここではヒヨコの雄雌仕分けを「高度なスキルが必要で、代替者が居ない作業」と定義して話を進める。

 そういう作業者をどうすべきかと言えば、簡単で。
「ヒヨコの雄雌仕分けだけに集中できる環境を与える」
 のがベストだと解釈する。

 なので、なるべくその他一切、備品購入の発注やら、謎の書類やら、数合わせの会議などから守る。
 逆に情報の入らない不安からも守る。

 高い視点に立って物を見るのは重要だが、高い視点ではヒヨコの雄雌は解らない。

 で、自分はこのヒヨコの雄雌仕分けをするような、いわゆる職人になりたくてなれなかったクチで、だからこそ、職人仕事やりつつ、他にも目を配りつつ、調整したり、職人が職人仕事出来るようにアレコレバタバタしたり、といった事を仕事としている。(していた)

 まぁそういう視点から見て、何十億クラスのゲームというのはどうなんだろう。

 ゲーム全体には目もくれず、シェーディングアルゴリズムを練り倒してるのは多分楽しい。
 モデリングだけを追求するのも多分楽しい。
 予算潤沢にあるなら、ディレクターも楽しいかな。
 なんか、楽しそうな気はする。

 しかしまったく楽しく無い仕事も大量にあるだろう。これはもう仕事の規模に比例する。
 俺はヒヨコの雄雌見分けはやりたいが、ヒヨコの体調管理はゴメンだとか。まぁいろいろある。

 物凄いスキルを身につけてスーパーヒヨコ雄雌見分けマンになったとして、その仕事が次には無くなっているかもしれない。

 自分は比較的キッツイ現場にばかりいたが。
 これはこれで、人手が足りないが故に、面白い仕事も回ってくる現場でもあった。

 ぶっちゃけ、開発メンバーが30人を超えると、互いに喋らない人も出てくる。某大作ゲーとか、プロジェクトリーダーと一度も会話したことの無いメンバーなんて大量に居る。
 面白くない仕事に当たり、ゲームへのコミットメントも少なく、大作だけに3年以上を費やしたなどというのは避けたい。

 このあたり、アメリカなどは逆にウェットだと聞く。
 プロジェクト毎に人を入れ替えたり切ったりするのが当然なので、プロジェクトが稼動している間は会議を頻繁に持ったり、個人の仕事の評価も高頻度だという。むしろプロジェクトリーダーはそちらに忙殺される。
 しかし、ケアがどれほどされても長期間面白く無い仕事というのもつらいだろう。面白い仕事に当たったら設けもんだろうが。

 逆に、1プロジェクト数ヶ月数人でぶん回し続けるのは、面白いとか、面白くないとか言ってる余裕が無いんじゃないかとか。
 新規要素の導入は研究開発に似る。成功するとは限らない。成功させるための創意工夫は時間を消費する。
 短期間開発には全く向かないので、コピーゲーを作るのが正解になったりしてしまう。楽しいか?これも場合に寄るんだろう。

■意図的に話がグダグダになってきたが
 いろいろなプロジェクトがあり、色々な仕事があるので、当然一概にはいえないが。
 働く側も、視野狭窄的に働きたい場合も高い目線で働きたい場合もとにかく糊口を凌ぎたい場合も有る。

 丁度いいサイズのプロジェクトも人によって異なるだろうし。

 自分のスキルが上昇する仕事というのが一番望ましいが、上昇したスキルがスカっと使い物にならなくなる可能性もある。

 もうちょっと色んなゲームが許容される世の中だといいんだけど、なかなか世知辛いわね。
 みたいなところが雑談的な落としどころ。
 ゲームに限った話じゃないんだけどね。

2011/12/21(水) 08:12:58| 固定リンク|ゲーム| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.