島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のぶふぉぉぉ。
 ガンダムUC見た後で、ガンダムAGEを見ると、比べちゃいけないと理性では解っていても、どうしても比べてしまう。予算も目標も手段も違うんだから、比べても無駄なんだけど。

■公務員関係の愚痴
「公務員の給与の話をする前に、民間の給与や待遇を問題にすべきだ」
 という文章に立て続けに出会ったんだけど。
 あまりのピントのズレっぷりにこれが公務員の思考かと悲しくなった。(調べたら本当に公務員らしかった)
 民間が給与や待遇面でつらい状況で収めている税金がムダ使いされてるから文句が出るというのが、理解できていないように見える。
 なにをどのようにどんな手を打っても、税金の無駄遣いが続く限り事は好転しない。
 船の底に大穴を明けた状態が、現状の公務員、官僚制度だと感じている。

 予算を使い切る事を主眼に動いている公務員と、コストカットに必死にならざるをえない民間の仕事観の違いはもう、花畑と戦場ぐらいにズレている。まだまだ税金を使いたくて仕方が無い、すきあらば使おうというニュースに溢れている。

 自分は今の仕事の前にちょっと公務員と関わる仕事をしていたので、彼らの仕事観の酷さは身をもって知っている。web系の仕事をしている知り合いで、政府系の仕事をしている人たちの愚痴を聞くと、あの頃よりも酷い印象すら受ける。

 もし今仕事に燃える公務員、官僚が居るならば、今の公務員叩き官僚叩きの状況を、単純に苦々しく思うのはやめて欲しい。その矛先はあなた達ではなく、ただギリギリまで甘い汁を吸おうとしている公務員に向いている。

 原発事故の責任を取って更迭された経済産業省の事務次官は、勧奨退職で一千万円以上多い退職金だった。
 ここで責任を取ることになった3人は本来責任をとるべき人であったかどうかは解らない。しかしこのような状況を放置したまま、公務員を叩くな、というのはスジのいい話とは思えない。
 ありていに言えば、議論のすり替えだ。

 本当に必要なのは、責任者とっ捕まえて腹切らせることでもなければ、給与を減らしてヒーヒー言わせることでもなくて、「必要な仕事を適正な金額で回す仕組みへの回帰」なんだけど。
 それに歩を進めるには、今の公務員憎しの状況をちゃんと受け止めないとどうしようもないだろう。

(いや、もと文章が、えらく上から目線でトゲトゲしかったので、ちょっとイラっと来ちゃったよ。それはそれでいいんだけど、賛同してる人が多くてつい自分の中でバランス取っちゃった。そういうのはチラシのウラでやれば済むんだけど、頭が悪いので書いちゃった。)

■小娘をつれて駅までクリスマスのイルミネーションを見せに行った。
 去年も見せたわけだが、あれから1年大きくなったもんだ。可愛い系の服を着せるとテンションがあがるし、幼児教育番組的なよく出来た子風言動など、ザ・女の子といった感じ。
 性差なのか、個体差なのか知ら無いが、父ちゃんキラーだ。

ブラックジャック創作秘話
 連載時に読んでいたので、新しい感想はないけど、インタビュー数ページあり。
 ナニワ金融まんが道というか、泥臭い絵で汗臭い手塚治虫を描き振り回される編集者を描くといった漫画。
 一般的に印象の強い手塚像は、まんが道における、マンガの神様としてのキャラクターだと思うが、実際のところ劇画に押されて弱っていた時期、虫プロ倒産など、常に神様だったわけでは当然ないし、人間的にもそうとうにエキセントリック(というか、普通人で常識人だったら神様やってないと思うし)な人のようで、そういう断片も語られている。
 普通に面白いし、熱量も高いので、この手のお話が好きな人にはお勧め。

 まんが道読むと「よーし俺も頑張るぞ!」とテンションが上がるが、コレを読むと「あー才能に振り回されるのは避けたいなぁ」という気分になる。


2011/12/11(日) 23:34:08| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.