島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のヤレヤレ。
 場違い感はなはだしく、普段使わぬ筋肉を使ってグッタリする。
 いろいろとためになる。

■商品名
コンビニのおにぎりに「愛情」とか書くのは愛情が安くなりすぎるからやめて欲しい。

経団連を擁護するわけでも、孫正義氏を批判するつもりもないが

 話がなぜか「いじめ」の方向に向かってますが、そんな程度の低い感情論で孫氏の発言がスルーされたのではないですね。東京電力の原発問題を奇貨として、本業とは違う電力事業に関心を持ち、地方自治体にセールスをかけたり関係官庁に働きかけるなどしてエネルギー産業への参入意欲を見せたのに、その後トーンダウンし、単なる代案なき原発批判を繰り返しているので、いろんな意味で、出る杭、目立つ雉になっている部分が大きいと思います。


 そう見える。孫氏の発言は、打ち上げ花火的に景気良い時と、その後のモゴモゴと具合の悪い時の差が激しく、都合の悪いことは携帯電話の微妙な説明のように小文字だったりするように感じる。

愚かな憂い(FANTA-Gさん)

 ソーシャルゲーム市場の急速な拡張で、従来のコンシューマゲーム市場が消えるんじゃないか?と、アナリストが語っているのを見て首を傾げる自分がいます。

 それは「なんで市場が常に一つだと思うの?」という。

 特にもと文章と関係なく、思ったことを描く。
 ちなみに、ソーシャルゲームの影響でコンシュマーゲーム市場が消えることは無いと思うが。
 コンシュマーゲーム市場は緩やかに消滅に向かうだろう。
 コンシュマーは、PCより設定などが簡易で、ロイヤリティによって本体単価を抑えるという仕組みだけど、もう設定も簡易じゃなければ、プレイまでの敷居も高い。単価もPCの方が必需品になってきたから、勝負としてもワリが悪い。
 ネットワーク接続をしてる家庭なら、ブラウザゲの方が手っ取り早いし、安い。
 携帯ゲームと携帯電話なら、電話の方が必需品のフリしてるから持たれている。

 とにもかくにも、「簡易な楽しい暇つぶし」というポジションには、完全に携帯、web、ブラゲが割り込んだわけで。
 ならば、「気合の入った楽しい暇つぶし」というポジションはどうか。
 PCゲーのほうがハードモデルチェンジが早い分、常にハイエンドだ。 
 ハイエンド開発自体はもうエンジンの問題で、何で作るのも変わらなくなった。客が居るかどうかだけだ。

 家庭用ハード、携帯ハード、ならではの強みというのは、本当に減ったわけで。
 なくなるまでに時間はかかるが、なくなってしまうだろう。
 ワープロ専用機はもう無い。

 ただ。これはゲームの衰退を示すのではない。
 手を変え、品を変え、ゲームの立ち位置が変わっていくだけの事で。

 プレイヤーがお金を払う限り、儲かる市場がある限り、そこにゲームは現れる。

セシウム米、僕が一番恐れていたこと

ちゃんと検査してるのか
 → ザルですよ
混ぜてるんじゃないか
 → そりゃ混ざってますよ
とっくに流通してるんじゃないか
 → あたりまえじゃないですか


 あたりまえですね。

INVISIBLE WOMAN MARVEL×BISHOUJOスタチュー インビジブルウーマン (1/7スケール PVC塗装済み完成品)
 エロ可愛いところのインビジブルウーマンが、結構安くなってまいりました。


2011/11/17(木) 22:49:24| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.