島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
ぎゃーぎゃー日記
 そうとうにキッツイ。

■TPP
 基本的に反対。
 農業の問題でなくて、関税自主権の問題。
 日本にトクのあることならば、他国がゴリ押ししてくるワケなじゃない。

 あと、著作権法違反が非親告罪になった場合、日本の同人界隈が壊滅しちゃうね。

風来のシレンはリスクマネジメントの教科書

風来のシレンのゲームバランスの絶妙たるゆえんは『リスクを減らしてゲームオーバーの確立を下げられるけれども、リスクを冒さない限り絶対にクリアできない』というところにあります。安牌だけを切り続けていると、絶対にクリアできません。なぜなら階層があがるにつれて、敵の強さと自分の強さの差が開いていき、いずれ絶対に対処できなくなるようにゲームバランスが設定されているからです。あるいは、有能な持ち札を「リスク軽減」で浪費してしまい、想定しなかったトラブルに直面したときに対処できなくなってしまうから。


 シレンシリーズでは風来のシレンGB(月影村の怪物)が傑作だと思っている。
 他のものより、ピーキーなアイテム性能、特徴的なモンスター性能、それぞれ総量が少ないだけに練りこまれたバランス。いやー傑作。当時すげぇすげぇ言ってた記憶アリ。無人島に行くなら持ってけって感じ。
 一度買ったのを人に上げて、また買ったぐらいいいゲームだと思っている。

 で。あんまり凄いんで、ちょっとゴニョゴニョとチートしてみたんですね。(これはかなり最近の話)
 アンドゥ機能追加! (細かいことは聞いてはいけません)
 一歩前に戻る機能。すばらしい。最大1024手まで戻れる。

 シマッタ!と思ったら、アンドゥ。これでこのゲームも一気に簡単になるぜ!

 なりませんでした。

 実はアレ、本当に運ゲーの部分が大きくて、ダメな時はどんだけ最善の策を弄してもダメなのよね。

 ああ、これは人生のシミュレートだと思った。
 わけじゃなくて「ずっるー」と。

■シレンの死に様
 こけて、アイテムをぶちまけてその中のツボが割れてしまう。運悪くそれがぬすっトドのツボで、トドが出てきて虎の子の巻物を持って逃げていく。慌てるなと自分に言い聞かせつつ、一歩踏みだしたら地雷を踏んで、アイテム巻き込んで大爆発。自分のHP1。そんな所に現れたチビタンク。HP1で派太刀打ちできないのでナナメヨコに移動して回避しようとしたら落とし穴で、落ちた先がモンスターハウス。
(モンスターハウス以外はうろ覚えながら実話)


イージス艦「きりしま」の快挙
 この動画初めてみた。

2011/10/29(土) 00:55:44| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.