島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
映画:銀河ヒッチハイクガイド
公式。感想を書くつもりで、ほったらかしだったので今頃。
 キャラクタ映画として良、構成に難有りという印象かな。
 色々あって地球壊滅、主人公アーサーは異星人と共に銀河ヒッチハイクで銀河最大の謎に迫る。みたいな内容。わりと物語の焦点はそっちに絞ってないけど。
 鬱ロボットマーヴィンの実写映像が見れるだけで個人的にはモトが取れる。

 ただ、当時原作が大変お気に入りだった自分としてはちょっと食い足りない&説明不足。
 壮大な(銀河系天地創造レベルの)スケールと、ハツカネズミやレモン絞り器レベルの小ネタのつるべ落としが原作の魅力なのだけれど、スケールを感じさせる描写(というか移動の距離感を感じさせる描写、部隊の位置関係の説明)が少ないので、あまり大きな話に見えないし、小ネタはもっと詰め込めるんじゃなかなぁという程度の物量。ファンだけに厳しい見方か。

 とはいえ、SFに飢えて、手当たり次第にSF小説を食い散らかしていた当時の気分をこの年齢になって味わえたのは貴重な体験。
 三部作なので、是非あと2作も映画化して欲しい。


ちなみにTVドラマ版なんてのもあるのね。元はラジオドラマと聞いてたけど。

 面白いのかなぁ。

ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
●銀河ヒッチハイク・ガイドを鑑賞。 宇宙船が飛来し、銀河バイパス建設を理由に地球
2005/10/07(金) 22:53:15 | Blog・キネマ文化論
 宇宙の話のついでに。現在、映画も上映している「銀河ヒッチハイク・ガイド」この前、読みました。銀河ヒッチハイク・ガイド SFですが、真面目なSFではないです。かなりシュールで好みは分かれると思います。私は十分楽しめました。もう冒頭の1行目からシュール....
2005/10/23(日) 03:09:30 | 気になるニュースなど
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.