島国大和のド畜生
■次世代くん ■プログラム ■アンテナ ■LINKS ■過去ログ倉庫---
amazon_logo.jpg スポンサーリンク
今日のグッタリ
 一度体調崩すと、ゲンナリループに巻き込まれて復活できない。
 節電対策でアチコチ暑いのがガンで、もう体力回復する隙が無い。

■シュガーレスは読んでないのか
 いや読んでます。ナンバの感想を書いていたらシュガーレスの話が出たので。
 シュガーレス自体は非常にわかりやすい正統派ヤンキーマンガというか。スポーツ的に誰が強い、どいつがエライ、って話で、バターになりそうなぐらい同じ所をグルグル回っていて、それはそれでアリだと思っています。
 ただまぁ、倒すべきラスボス(シャケ)が毎日学校に通って屋上でボーっとしてるのに、いつまでも殴りに行かないのは、どうにも説明が難しいでしょ。
 葛藤が無い事が葛藤をうんでる。(最近のお話)
 シロとマリモは体を鍛えている描写があったので、何もしないヤンキーが何故か強いというのからちょっとだけ離れているけど、シャケとイヌに関しては一切の鍛えてる描写は無いので、ここは清清しくヤンキーマンガなのかなと。
 毛色はちがうけど、京四郎とかウダヒマとか。
 家庭の事情(ブイブイ言わせてるヤンキーだって家に帰ってカーチャンのメシくってたり、学費振り込んでもらってる可能性)も当然表に出さない。
 ヤンキーがケンカの強さでランク付けというファンタジーをやるには、いろいろと避けて通るべき道があって、それをちゃんと避けていると感じる。
 ナンバにせよ、ヤンキー的ファンタジーに対してかなり懐疑的なスタンスで描かれていたけど、人情的なファンタジー色は強いし。
 ファンタジーを全部廃したら、漫画は面白くリアルになるかと言えばそんなことは全然無いので。
 読者が求めるファンタジーと作者が描きたいファンタジーが重なると幸せなんだろうな、などと思う。

■バクマン
 なんというか、物語の中で描かれる勧善懲悪が「編集者も見るからこの辺に落とすか」というあたりに落としてあるように感じる。結構な悪意に基づいたネタ抽出というか。
 そうでなくて、あれが描かれてるなら、シンプルすぎるし。実際の所作家の心の中身と作品は別物なので、作品から読み取れる内容が、作者の思うものでなかったとして、そういうのはママあることだし。

■なんか旨いもん食いたい
 と思ったときに、目が離せない年齢の子供がいると、もうどうしようもない。
 ケータリングか自分で作るかだ。
 ヨメに任せて自分だけ食ってくるってのも無きにしも非ずだが、そういうのは気が引ける。
 あと、食いモノの旨いマズイは調理してから食うまでの時間が適切かどうかで8割決まるんじゃないかと思っているクチなので、ケータリングは一段落ちるのは仕方が無いし、自分で作っても子供の世話してるうちに旬のタイミングは過ぎてしまう。
 このあたり、小学校に突っ込むまでのたかだか7年間だが、なかなかに大変なのだな世のパパママはと思う。
 自分とこはヨメがかなり見てくれていて、自分はほんとうにヤクタタズをやっているのだが、それでもキッツイもんな。
 肉、肉加工品とか、時々検索するんだけど、あといっぽぐっと来ないのは、やはり保存食寄りだからだろうか。

■ドラクエの呪文で何か一つ実際に使えるようにしてやる
 ルーラかザオリクかで迷うよな。肝臓にキアリー。

 スタンド能力ならハーベストでいいや。

■24時間TV
 見て無いんだけど。昔はあの番組の中で手塚治虫のアニメをやってたのよね。
 バンダーブックとか、マリンエクスプレスとか。
 これがまた、彩色中にまだシナリオが決まってないとか、ライブ感溢れすぎるつくりだったようで、かなりしっちゃかめっちゃかで安定しない内容なんだけども、当時非常に楽しく見ましたよ。
 とくにマリンエクスプレスとか。DVD出てるの知らんかったけども。
 今見返すと、やはりゲンナリしちゃうのかな。結構面白いのかな。気になる。

2011/08/22(月) 04:15:43| 固定リンク|日記| トラックバック:0 | このエントリーを含むはてなブックマーク|
ワークエリア
スポンサーリンク
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.